Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 IQ Bot に移行するには、次の手順に従います。

  • 更新済み: 2022/09/07
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • IQ Bot
    • プロセス フロー

Automation 360 IQ Bot に移行するには、次の手順に従います。

移行は、以前のバージョンの IQ Bot (Enterprise 11.x、6.x、または 5.x) から最新バージョンの Automation 360 IQ Bot にアップグレードするプロセスです。これには、既存のデータベースとリポジトリの複製、形式Botへの変換Automation 360、すべてのラーニングインスタンスの移行が含まれます。

移行の準備状況の確認

Automation 360 IQ Bot の特徴と機能は、IQ Bot Enterprise 11 と同じです。既存の Enterprise 11 の内容は Automation 360 IQ Bot にも適用されます。

  • Automation 360 IQ Bot の任意のバージョンに制限なくアップグレードできます。ただし、必ず移行先のバージョンのデータベース移行アシスタントを使用してください。

    たとえば、Automation 360 IQ Bot (ビルド 11513) に移行する場合、Automation 360 IQ Bot (ビルド 11513) 用のデータベース移行アシスタントを使用する必要があります。これは、Automation 360 IQ Bot インストール フォルダーに別個のユーティリティとして用意されています。

  • Automation 360 IQ Bot 導入モデルの主な機能のいくつかをIQ Botリリースと比較します。

    Automation 360 IQ Bot の機能比較表

  • IQ Bot とのバージョン互換性に関する情報を確認してください。

    Automation 360 IQ Bot のバージョンの互換性

  • 移行ライセンスを取得します。移行ライセンスの取得
  • IQ Bot 11.x から Automation 360 IQ Bot オンプレミス に移行する前に、Database Migration Assistant の最新バージョンを Automation Anywhere サポート サイトからダウンロード済みであることを確認してください。
    このツールによりデータ移行が可能になります。このツールは、次の Microsoft SQL Server バージョンでサポートされています。
    • Microsoft SQL Server 2019 15.0 Developer Edition および Express Edition
    • Microsoft SQL Server 2016 13.0 Express Edition
    • Microsoft SQL Server 2012 Express Edition
    注: データベース移行アシスタントは、Azure PaaS Database Service をサポートしていません。Azure PaaS Database Service を使用している場合、すべての IQ Bot データベースを上記でサポートされているバージョンにコピーし、データベース移行アシスタントを実行する必要があります。データベース移行アシスタントを使用して作成した統合データベースは、Azure PaaS Database Service にアップロードして戻すことができます。
  • IQ Bot 11.x から Automation 360 IQ Bot オンプレミス に移行する場合は、IQ Bot の高可用性 (HA) を確保するために 3 ノード クラスターを使用することをお勧めします。

    高可用性と災害復旧の概要

  • RabbitMQ 災害復旧 (DR) では、同じ負荷処理性能を持つように、プライマリ サイトとセカンダリ サイトで同じ数のノードを使用することをお勧めします。

    同様に、セカンダリ サイトの RabbitMQ クラスター設定は、プライマリ サイトのクラスター設定を複製したものにする必要があります。

    災害復旧デプロイ モデル

    自動リカバリーを使用する RabbitMQ クラスター構成については、「RabbitMQ Cluster Configuration with Auto-recovery (A-People login required)」を参照してください。

移行パスの選択

現在使用している IQ Bot バージョンと、ビジネス要件を満たす Automation 360 IQ Bot 導入モデルに基づいて、アップグレード パスを選択します。

重要: 以前の IQ Bot バージョンでは、5 つのデータベースが作成されていましたが、Automation 360 IQ Bot では 1 つの統合データベースが作成されます。移行を開始する前に、既存の IQ Bot のデータベースを必ずバックアップしてください。
このバージョンを使用している場合は この移行手順を実行する
IQ Bot 11.3.4 以降 Automation 360 IQ Bot オンプレミス または クラウド に移行:
  1. IQ Bot の以前のバージョンから Automation 360 IQ Bot オンプレミス への移行
  2. Automation 360 IQ Bot オンプレミス から クラウド に移行

    IQ Bot クラウド に移行する前に、Automat