Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 IQ Bot に移行するには、次の手順に従います。

  • 更新済み: 2021/08/13
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • IQ Bot
    • プロセス フロー

Automation 360 IQ Bot に移行するには、次の手順に従います。

移行は、以前のバージョンの IQ Bot (Enterprise 11.x、6.x、または 5.x) から最新バージョンの Automation 360 IQ Bot にアップグレードするプロセスです。これには、既存のデータベースとリポジトリの複製、形式botsへの変換Automation 360、すべてのラーニングインスタンスの移行が含まれます。

移行を計画する

Automation 360 IQ Bot の特徴と機能は、IQ Bot Enterprise 11 と同じです。既存の Enterprise 11 の内容は Automation 360 IQ Bot にも適用されます。

  • Automation 360 IQ Bot 導入モデルの主な機能のいくつかをIQ Botリリースと比較します。

    Automation 360 IQ Bot の機能比較表

  • IQ Bot とのバージョン互換性に関する情報を確認してください。

    Automation 360 IQ Bot のバージョンの互換性

  • IQ Bot 11.x から Automation 360 IQ Bot On-Premises に移行する前に、Database Migration Assistant の最新バージョンを Automation Anywhere サポート サイトからダウンロード済みであることを確認してください。
    このツールによりデータ移行が可能になります。このツールは、次の Microsoft SQL Server バージョンでサポートされています。
    • Microsoft SQL Server 2019 15.0 Developer Edition および Express Edition
    • Microsoft SQL Server 2016 13.0 Express Edition
    • Microsoft SQL Server 2012 Express Edition
  • IQ Bot 11.x から Automation 360 IQ Bot On-Premises に移行する場合は、IQ Bot の高可用性 (HA) を確保するために 3 ノード クラスターを使用することをお勧めします。

    High availability and disaster recovery overview

  • RabbitMQ 災害復旧 (DR) では、同じ負荷処理性能を持つように、プライマリ サイトとセカンダリ サイトで同じ数のノードを使用することをお勧めします。

    同様に、セカンダリ サイトの RabbitMQ クラスター設定は、プライマリ サイトのクラスター設定を複製したものにする必要があります。

    Disaster recovery deployment model

    自動リカバリーを使用する RabbitMQ クラスター構成については、「RabbitMQ Cluster Configuration with Auto-recovery (A-People login required)」を参照してください。

移行パスの選択

現在使用している IQ Bot バージョンと、ビジネス要件を満たす Automation 360 IQ Bot 導入モデルに基づいて、アップグレード パスを選択します。

重要: 以前の IQ Bot バージョンでは、5 つのデータベースが作成されていましたが、Automation 360 IQ Bot では 1 つの統合データベースが作成されます。移行を開始する前に、既存の IQ Bot のデータベースを必ずバックアップしてください。
このバージョンを使用している場合は この移行手順を実行する
IQ Bot 11.3.4 Automation 360 IQ Bot On-Premises または Cloud に移行:
  1. IQ Bot の以前のバージョンから Automation 360 IQ Bot On-Premises への移行
  2. Automation 360 IQ Bot On-Premises から Cloud に移行

    IQ Bot Cloud に移行する前に、Automation 360 IQ Bot On-Premises の最新バージョンをインストールする必要があります。

IQ Bot 6.5.x IQ BotVersion 11.3.4 から、Automation 360 IQ BotOn-Premises のみに移行できます。
  1. IQ Bot Version 6.5 から IQ Bot Version 11.3.4 へのアップデート

    Update IQ Bot from 6.5 or earlier to 11.3.4

  2. IQ Bot の以前のバージョンから Automation 360 IQ Bot On-Premises への移行
  3. Automation 360 IQ Bot On-Premises から Cloud に移行

    IQ Bot Cloud に移行する前に、Automation 360 IQ Bot On-Premises の最新バージョンをインストールする必要があります。

IQ Bot 5.3.x 以前
  1. IQ Bot Version 6.5 へのアップデート

    Update IQ Bot from 5.3.x or 6.0 to 6.5

  2. IQ Bot Version 6.5 から Version 11.3.4 へのアップデート

    Update IQ Bot from 6.5 or earlier to 11.3.4

  3. IQ Bot の以前のバージョンから Automation 360 IQ Bot On-Premises への移行
  4. Automation 360 IQ Bot On-Premises から Cloud に移行

    IQ Bot Cloud に移行する前に、Automation 360 IQ Bot On-Premises の最新バージョンをインストールする必要があります。

フィードバックを送る