Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ホット キーを使用して Bot をトリガーする例

  • 更新済み: 2020/06/25
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • AARI

ホット キーを使用して Bot をトリガーする例

この例では、保険会社のフロント デスクのエグゼクティブが、保険証券の詳細とその有効性を理解しようとしている既存の顧客からの電話に応答します。このエグゼクティブはホット キーを使用して、顧客の情報を取得する Bot をトリガーします。

前提条件

既存のすべての顧客および保険会社のさまざまな保険証券に関する情報は、2 つの異なるデータベースに分散されています。既存の Bot は、2 つのデータベース間でデータをマッピングし、統合された情報をユーザーが読み取り可能な形式でエグゼクティブに提供します。この Bot をトリガーするホット キーとして [Ctrl] + [L] が設定されています。

手順

  1. エグゼクティブは、既存の顧客であるかどうかを確認するために、通話相手の情報を収集します。
    エグゼクティブは、問い合わせ元が既存の顧客であり、保険証券の詳細を知りたいと考えていることを確認します。
  2. エグゼクティブは、[Ctrl] + [L] を使用して Bot をトリガーします。
    Bot は、顧客情報と対応する保険証券の詳細を取得します。認証メッセージが表示されます。
  3. エグゼクティブは、フォームに統合された情報を確認し、顧客からの問い合わせに遅延や保留時間なしで回答できます。
    次の画像は、この Attended オートメーションの事例を示しています。

    Attended オートメーションのユーザー事例

フィードバックを送る