Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ウィンドウ トリガーの追加

  • 更新済み: 2021/08/12
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • AARI

ウィンドウ トリガーの追加

ユーザーが定義済みアプリケーション ウィンドウを開く、またはじたり開いたりすると、Bot が起動します。

この手順は、ユーザーが [Customer_database.xls] と呼ばれる Microsoft Excel のドキュメントを開いたときに Bot を起動するトリガーを設定するためのものです。このウィンドウ トリガーを設定する前に、このウィンドウを選択できるように、システム上で [Customer_database.xls] が開いていることを確認してください。

手順

  1. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
  2. [新規作成] > [Bot] をクリックします。
  3. Bot の名前を入力します。
    すべての Bot\Bots フォルダーに保存されます。フォルダーを変更するには [参照] をクリックします。
  4. [作成と編集] をクリックします。
  5. Bot ビルダー ページで、[トリガー] > [ウィンドウ トリガー] をクリックします。
  6. [ウィンドウ] を [ここにトリガーをドラッグ] にドラッグします。
    [ウィンドウ トリガー: ウィンドウ] の編集パネルが表示されます。
  7. [ウィンドウ] ドロップダウン メニューをクリックして [Customer_database.xls] を選択します。

    利用可能なウィンドウが一つも表示されていない場合は、[ウィンドウ] ドロップダウン メニューをリフレッシュします。

  8. [ウィンドウ タイトル] フィールドで、[文字列] タブをクリックして、選択したウィンドウのタイトル全体を設定します。

    [Regex] タブを使用して、選択したウィンドウ タイトルに一致するパターンを選択できます。たとえば、このシナリオで [Regex] オプションを選択すると、ユーザーが任意の .xls ファイルを開いた場合に Bot はトリガーされます。

  9. [Bot を起動するウィンドウ アクション] ドロップダウン メニューで [開く] を選択します。
  10. オプション: [割り当て先] ドロップダウン メニューを使用して、変数を代入します。
    [変数] タブを使用して変数を作成する場合は、[割り当て先 (オプション)] ドロップダウン メニューにその変数が表示されるように、[入力として使用] チェック ボックスが選択されていることを確認します。
  11. [保存] をクリックします。
  12. [実行] > [トリガーで実行] をクリックします。
    プリセット トリガーが作成され、任意のユーザーが [Customer_database.xls] のドキュメントを開いたときに Bot はトリガーされます。
フィードバックを送る