Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

パッケージ SDK の使用

  • 更新済み: 2022/05/19
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

パッケージ SDK の使用

これらのサンプル トピックでは、Automation 360 でのパッケージ SDK の基本的な使用方法を理解できます。各 SDK パッケージには構成可能なファイルのコレクションが含まれており、それを使ってカスタム パッケージをビルドした後、そのパッケージを使って タスク Bot を作成できます。

手順

以下の手順で IntelliJ プロジェクトを作成、構成、ビルドし、新しいパッケージをコンパイルした後、Bot を作成して作成したパッケージをテストします。

  1. パッケージ SDK ファイルをダウンロードし、抽出して確認します。
    • 最新の Automation Anywhere A2019 パッケージ SDK をダウンロードします。

      Enterprise A2019 パッケージ開発キット リリース ノート

    • Downloads フォルダーに移動し、ダウンロードしたパッケージ SDK を右クリックして、[すべて抽出] を選択します。
    • パッケージに含まれるすべてのファイルを確認します。IntelliJ プロジェクトに任意の java ファイルをドロップして、内容を表示または編集できます。
  2. 最新バージョンの Automation 360 をインストールします。
    1. インストール後、管理者権限で Control Room にログインし、パッケージをアップロードして Bot を作成する権限を持つ新しいユーザーを作成します。
    2. ローカル デバイスを Control Room に接続します。必要に応じて、最新の Bot エージェント をダウンロードしてインストールします。
  3. Java SE 開発キット 11 または IntelliJ IDE Community Edition と Gradle プラグインをインストールします。
  4. IntelliJ プロジェクトでサンプル ビルド ファイルを構成します。
  5. 新しいディレクトリ、パッケージ、クラスを作成します。
  6. コンパイルした JAR ファイルをパッケージとして使用し、Automation 360Control Room にアップロードします。
  7. タスク Bot を作成して新しいパッケージをテストします。
  8. オプション: 結果を確認し、必要に応じて Bot フローにアクションを追加して、パラメーターと値を構成します。
  9. 追加のリソースを表示します。
    詳細については、「パッケージ SDK: 方法の例」を検索してください。

次のステップ

ビルド ファイルの構成
フィードバックを送る