Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot エージェント のインストールとデバイスの登録

  • 更新済み: 2022/06/03
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Bot エージェント のインストールとデバイスの登録

Bot エージェント は、Control Room にデバイスを接続することにより、Bot を実行できる軽量アプリケーションです。ローカル マシン上で Bot を実行するには、Bot エージェント をインストールし、有効なホスト デバイスのリストにローカル デバイスを追加します。

前提条件

  • Bot エージェント をインストールするには、ユーザー デバイスに対して Windows インストーラー ポリシーが有効になっている必要があります。
  • ユーザー デバイス上の Bot エージェント フォルダーに対して、読み取り、書き込み、実行の権限を有効にする必要があります。
  • デバイスを正常に登録するには、デバイス システムの日付および時間が現在の日付および時間と同期している必要があります。

ダウンロードできる Bot エージェント のバージョンは最新のバージョンで、現在使用されている Control Room のバージョンと互換性があります。

注: Bot エージェント は、既存の Enterprise 10 または Enterprise 11 Enterprise クライアント のデバイスにはインストールできません。

Bot エージェント は、既存の Enterprise 11 Enterprise クライアント のデバイスにインストールできるようになりました。Bot Creator は、Automation 360Enterprise 11 Enterprise クライアント の両方にログインおよびアクセスして、Bot を作成できます。Attended Bot Runner ユーザーは、Automation 360Enterprise 11 Control Room の両方のインスタンスから Bot を実行できます。Unattended Bot Runner ユーザーは、同じデバイスで [実行とスケジュール設定] 権限を使用することで、Bot をデプロイできます。Enterprise 11Automation 360 から Bot を同時に実行することはできません。

手順

  1. サポートされているブラウザを使って、Automation Anywhere URLから Control Room にログインします。
  2. Bot エージェント をインストールし、次のいずれかのオプションを選択してローカル デバイスを追加します。
    • 右側のメニューから、デバイス アイコンをクリックして、ローカル デバイスを接続します。
    • [デバイス] ページに移動し、デバイス リストの右上にある [ローカル デバイスに接続] アイコンをクリックします。
  3. [コンピューターに接続] をクリックします。
    Bot エージェント セットアップ ファイルがダウンロードされます。
  4. ウィザードで説明された手順に従います。
    認証プロキシ アクセス: デバイスのインターネットへのアクセスが認証プロキシ サーバーを介して制御されている場合は、プロキシ サーバー認証情報を提供するよう求められます。デバイスが Control Room と通信するには、これらの資格情報が必要です。
    認証されたプロキシを有効にするには、Automation 360 Chrome 拡張機能が有効になっている Google Chrome ブラウザを使用してデバイスを登録します。
    注: Chrome 拡張機能は、デバイスがオフラインの場合でも Google Chrome Enterprise ブラウザ ユーザー用にインストールされます。拡張機能は、Bot エージェント MSI インストーラー ファイルとともにダウンロードされます。
  5. システム レベルまたはユーザー レベルで Bot エージェント をインストールするオプションを選択します。
    • システム レベルでインストールするには、[このコンピューターを使用するすべてのユーザー (すべてのユーザー)] を選択します。

      この Bot エージェント は、デバイスのすべてのユーザーが使用できます。ただし、Bot エージェント のインストールを実行するユーザーには管理者権限が必要です。

    • ユーザー レベルでインストールするには、[自分のみ (ユーザー名)] を選択します。

      Bot エージェント は、該当する単一ユーザーのみが使用できます。

  6. [追加情報] 画面に、以下の情報を入力します。
    • デバイスのニックネーム (任意)
    • デバイス タイプ (単一ユーザーまたは複数ユーザー)
      注: 複数ユーザー デバイスの場合は、許可される同時接続セッションの数を入力します。2 つ以上の同時セッションをサポートしています。
  7. [完了] をクリックします。
    • Bot エージェント が、デフォルトの場所 C:\Program Files\Automation Anywhere\Bot Agent.にインストールされます。
    • Bot エージェント は、次の Windows サービスとして登録されます: Automation AnywhereBot エージェント サービス。
    • AARI Assistant にアクセスするためのショートカットが、Windows の [スタート] メニューとデスクトップに追加されます。
    • Java Runtime Environment (JRE) ファイルが、Bot エージェント とともに次の Bot エージェント インストール フォルダーにインストールされます: C:\Program Files\Automation Anywhere\Bot Agent\jre
  8. デバイスが Bot を実行できるようにユーザー デバイスの資格情報を設定します。
  9. [デバイス] ページを更新し、ローカル デバイスが追加されていることを確認します。
    デバイスは、IP アドレスおよびホスト名で識別できます。
    注: デバイスを取り外した後、35 秒待って再登録します。

トラブルシューティング:

  • デバイスの登録で問題が発生した場合は、「Automation 360: Error while registering device - An unexpected problem occurred (A-People login required)」を参照してください。

  • Bot エージェント サービスが一時停止し、インストール後に起動しない場合は、「Automation 360 Error: Device is disconnected or needs upgrade (A-People login required)」を参照してください。

  • Google Chrome ブラウザ バージョン 94 以降をお使いの方で、デバイスを Control Room オンプレミス に登録する際に問題が発生した場合は、HTTP ではなく HTTPS に Control Room を設定することをお勧めします。代わりに、Microsoft Internet Explorer または Mozilla Firefox を使用してデバイスを登録します。
  • Google Chrome 拡張機能を手動で削除した場合、Bot エージェント を再インストールしても、既存の Google Chrome ポリシーでは拡張機能を追加することが許可されません (オンラインまたはオフライン)。拡張機能は削除しないことをお勧めします。ただし、拡張機能を手動で削除する場合は、次のいずれかを実行します。
    • Google Chrome 拡張機能ストアに移動して、オンラインで拡張機能を追加します。

      Automation 360 extension for Chrome

    • ChromeExtension.crx ファイル (C:\Program Files\Automation Anywhere\Bot Agent\AABrowserAgent) を Google Chrome 拡張機能タブ (右上にある縦長の 3 つの点のメニュー > [設定] > [拡張機能]) にドラッグします。

Automation 360Bot エージェント をインストールする方法については、下のビデオをご覧ください。

次のステップ

任意で、プロフィールを編集

デバイスにプロキシが設定されている場合は、プロキシ設定に適用される次のタスクを参照してください: Bot エージェント とプロキシの設定されているデバイスの接続