Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[テーブル] 要素の使用

  • 更新済み: 2021/08/19
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • AARI
    • プロセス フロー

[テーブル] 要素の使用

フォーム ビルダーの [テーブル] 要素を使用して、Bot 実行時にデータの入力に使用できるカスタマイズ可能なテーブルをフォームに挿入します。

手順

  1. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
  2. 既存のフォームをクリックするか、[新規作成] > [フォーム] の順にクリックします。
    フォーム ビルダー ページが表示されます。
  3. [テーブル] をフォームにドラッグします。
  4. [要素ラベル] フィールドに要素の名前を入力します。
  5. オプション: 要素のヒント テキストを入力します。
    たとえば、外来患者リストの取得にテーブルを使用する場合は、[外来患者の詳細を表示] フィールドに入力します。
  6. [スクロールする前の行] フィールドを使用して、Bot 実行時にスクロール バーを追加する前にテーブル要素に必要な最小行数を入力します。
  7. 列の合計数を追加または削除します。
  8. 追加オプションを表示するには、[列の設定] をクリックします。
  9. [列の設定] ページで、[フォーム要素のタイプ] ドロップダウン メニューをクリックして、要素のタイプを設定します。
    たとえば、[ドロップダウン] を選択する場合、[ドロップダウン コンテンツを追加] フィールドを使用して、Bot 実行時にドロップダウン メニューに表示される項目を入力します。
  10. オプション: [列幅を均等にする] をクリックします。
  11. オプション: 以下の [詳細動作] オプションを選択して、それらを有効にします。
    • テーブルを編集不可にする: Bot 実行時に読み取り専用ビューを有効にします。
    • テーブル アクションを含める: ユーザーは、Bot 実行時にテーブル行を追加、削除、編集できます。

      テーブル アクションを使用し、テーブルからすべての行を削除してから新しい行を追加すると、テーブルの列と行の位置がずれて表示されます。任意の列をドラッグしてサイズ変更し、配置をリセットします。

    • 列のフィルタリングを有効にします: ユーザーは、Bot 実行時に使用可能なすべての列のコンテンツを検索およびフィルタリングできます。これにより、列値によって参照されるコンテンツの検索が強化されます。
  12. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る