Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

磁気インク文字認識を使用してデータを抽出する

  • 更新済み: 2020/05/07
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

磁気インク文字認識を使用してデータを抽出する

ABBYY FineReader エンジン バージョン 12.2 をサポートしている磁気インク文字認識 (MICR) OCR 機能を使用して、財務チェックから MICR データを抽出します。

前提条件

注: ABBYY FineReader エンジン OCR バージョン 12.3 および 12.4 で MICR が有効になっている場合、日本語のドキュメントは処理できません。
  • 次のプラグイン フォルダーに ABBYY FineReader エンジン がインストールされていることを確認します。\OCR Plugins\ABBYY SDK\12\.. ..
  • C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere IQ Bot (version)\Configurations フォルダーから Settings.txt ファイルを開いて、OCREngine=Tesseract4OCREngine=Abbyy に変更して、ファイルを保存します。
注: システムを再起動する必要はありません。

MICR 機能は ABBYY FineReader エンジン バージョン 12.2 でサポートされています。

手順

  1. プライマリ OCR エンジンとして、settings.txt ファイルに ABBYY FineReader エンジン を設定します。
  2. IQ Bot\Configurations\AbbyyImagePreProcessingSettings.json ファイルに移動します。
  3. これらのパラメーターを更新します。
    • TextTypes = 129
    • DetectTextTypesIndependently =true
    MICR 機能はシステムでアクティブ化されます。

次のステップ

  • ラーニング インスタンスを作成し、[MICR] や [支払先] フィールドなどの財務チェックから MICR データを抽出するフォーム フィールドを追加します。
  • トレーニングのためにチェックをスキャンして IQ Bot にアップロードします。本番では、正確な MICR データ抽出のために財務チェックをアップロードします。
  • Designer で、財務チェック内の抽出する MICR データをマッピングします。
  • 本番では、正確な MICR データ抽出のために財務チェックをアップロードします。
フィードバックを送る