Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 について

  • 更新済み: 2021/08/27
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace
    • 概要

Automation 360 について

Automation Anywhere デジタルワークフォース プラットフォームは、複雑な業務の自動化を完全かつ大規模に実現するための基盤です。

概要

Automation 360 は、業界最先端の RPA およびデジタルワークフォース プラットフォームであり、使いやすいユーザー インターフェースとエンタープライズ クラスの信頼性、セキュリティを組み合わせて、リアルタイムのセルフオートメーションを実現します。ビジネスユーザーが迅速にタスクを自動化するためのブラウザベースの直感的な操作性と、開発者がプロセス自動化を構築するためのツールを提供します。Automation 360 は、On-PremisesCloud のデプロイ オプションの両方を提供し、自動化のソリューションとして RPA-as-a-Service を提供する初のプラットフォームです。これにより、銀行、通信サービス、BPO (ビジネスプロセス アウトソーシング) 組織など、さまざまなインフラストラクチャや業種のアプリケーションを自動化できます。

Automation 360 は、次のような機能を提供します。
  • bot を作成し、ビジネスプロセス オートメーション ワークフローを設計するための直感的なインターフェース。
  • Windows、Linux、MacOS などの複数のオペレーティング システムをサポート。
  • ビジネスユーザー向けのフロー ビュー、開発者向けのリストビュー、コラボレーション用のデュアル ビューなど、コラボレーションを容易にする bot のさまざまなビュー。
  • Microsoft Windows、Citrix、Web、SAP など、さまざまなプラットフォームで動作するレコーダー。
  • JavaScriptPython、および VBScript の高度な変数機能およびサポート。
  • 新しいコマンド パッケージを追加できる柔軟なアーキテクチャ。

Automation 360 のコンポーネント

Automation Anywhere Robotic Interface (AARI)
AARI は、ビジネスユーザーが bots とコラボレーションできるようにする使いやすいインターフェイスです。ユーザーは、プロセスの自動化を開始して、bots にフィードバックを提供してプロセスを再開し、ダウンストリーム処理のために別のユーザーにリクエストをエスカレートできます。AARI により、企業は、以前には RPA では対処できなかった人間と bots の間の新しい自動化の機会を引き出すことができます。

Automation Anywhere Robotic Interface (AARI)

RPA Workspace
bots を作成、アップロード、およびデプロイして、反復的なタスクとプロセスを自動化するためのツールと機能を提供する Web ベースのワークスペースです。以下のものが含まれています。
  • Control Room
  • Bot Runner
  • Bot editor
  • Bot Creator
  • Credential Vault
RPA Workspace は、以下の機能を提供しています。
  • ユーザーが bots を管理、スケジュール、実行する
  • ユーザーが Active Directory ロール マッピングを通じてユーザーを管理する
  • ユーザーがワークロード管理を通じて多数の Work Items を管理する
Discovery Bot
エンド ユーザーがプロセス ディスカバリーを使用して自動化の機会を発見する機能を提供する、エンタープライズ ビジネス向けのインテリジェントなビジネス ソリューションです。Discovery Bot は、ドキュメント プロセスの取得、ビジネス中心のプロセスからの機会の特定、および ROI に基づく機会の優先順位付けによって、プロセスの自動化に焦点を当て、自動的に bots を作成します。Discovery Bot は、ビジネス ワーカーと連携し、RPA 投資に対するリターンを最適化できる自動化の機会を明らかにします。

Discovery Bot を使用したプロセスディスカバリー

IQ Bot
さまざまな複雑なドキュメントや E メールを読み取って処理できる、高度な文書処理ソリューションです。IQ Bot は、RPA と複数の AI 技術を組み合わせたソリューションです。半構造化および非構造化データをインテリジェントにキャプチャ、分類、抽出し、ドキュメント中心のビジネス プロセスをエンドツーエンドで自動化します。

Automation 360 IQ Bot のインストールと更新

Bot Insight
ビジネス プロセスと運用インテリジェンスに関するインタラクティブでスマートなリアルタイムのインサイトを提供する分析プラットフォームです。Bot Insight は、デプロイされた bots が生成する大量のコンテンツレベルと生産性データを使用し、自動的に生成され、カスタマイズ可能なダッシュボードを介してデータをインサイトに変換します。

Bot Insight によるビジネス分析

Bot Store
Automation 360 プラットフォームで実行できる、事前に構築された botsDigital Workersのためのオンライン マーケットプレイスです。Control Room から直接 Bot Store にアクセスして、botspackagesをダウンロードまたは送信できます。

Bot Store

Private Bot Store
社内で開発されたすべての bots の詳細やドキュメントを企業が掲載および共有するための安全な社内の bot マーケットプレイスです。従業員は、Automation Anywhere Bot Store からのすべての bots に加えて、内部の bots およびコマンドを簡単に見つけて再利用できます。

Private Bot Store

次の画像は、Automation 360 のコンポーネントです。

Automation 360 のコンポーネントと、どこでもあらゆるデバイスから製品にアクセス可能な仕組み。

メリット

短期間での価値の実現
  • bots の迅速な開発開始を可能にする即時の Web ベースの導入
  • さまざまなスキル レベルを持つユーザーが簡単に製品を使用し、学習プロセスをスピードアップできる直感的なインターフェース
  • ビジネス、プロセス、IT 間の容易なコラボレーション
ビジネスの俊敏性
  • いつでもあらゆるデバイスで最新の状態を維持するための定期的なアップデート
  • 高可用性と災害復旧によるビジネス継続性
  • 拡張性
最小限の総所有コスト (TCO)
  • 追加のインフラストラクチャ投資は不要
  • フロント オフィス、バック オフィス、従業員アプリケーション全体で単一のプラットフォーム
  • メンテナンス コストの削減

導入モデル

Automation 360 には、次の導入モデルが用意されています。
Cloud
Automation 360 Cloud は、Automation Anywhere によってホストされる SaaS オファリングであり、クラウドネイティブ アーキテクチャ上に構築された Automation 360 プラットフォームの簡単な消費モデルを提供します。Automation 360 Cloud サービスでは、Automation 360 Control Room とアプリケーション (RPA WorkspaceIQ BotBot InsightAARIDiscovery Bot) を含む Automation 360 プラットフォームが Automation Anywhere によってホストされ、ユーザーは Web ブラウザを介してそれにアクセスします。bots が実行され、自動化を実行する Bot agent デバイスは、お客様のインフラストラクチャに残り、HTTPS を介して Automation 360 Cloud サービスに安全に接続します。
クラウド対応
総所有コスト (TCO) を削減しながらデータを On-Premises でホストしながら、SaaS エクスペリエンスを提供します。この導入モデルは、データ主権が義務付けられている厳格な規制基準に準拠する必要があるお客様に適しています。
Cloud 経由のアップデートによる On-Premises
Automation Anywhere サービスを使用したアップデートによる On-Premises Cloud では、ビジネス データ、個人データ、運用データのすべてがお客様のネットワーク上のオンプレミスのサーバーに保持され、そのサーバーから展開されます。

次の画像は、Automation 360 の導入モデルを示します。

Automation 360 で使用可能なデプロイ モデルと、各モデルで control room、データ、および更新が機能する仕組み。

Cloud の運用責任」も参照してください。

RPA の詳細については、次のビデオをご覧ください。

フィードバックを送る