Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

スケジュール設定済みアクティビティを編集

  • 更新済み: 2021/12/08
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

スケジュール設定済みアクティビティを編集

オートメーションがスキップされないようにスケジュールを変更します。

前提条件

Control Room に管理者としてログインしていることを確認します。

以下の目的で、スケジュール設定済みアクティビティを編集します。
  • スケジュール タイプ、日付、または時間を変更する。
  • Bot Runner をスケジュールに追加するか、スケジュールから削除する。
  • 再試行設定を変更する。
注: Bot とその依存関係は、Bot またはその依存関係ファイルに更新が行われた場合にのみ再デプロイされます。

手順

  1. [アクティビティ] テーブルでスケジュール設定済み Bot の [アクション] アイコンの上にカーソルを合わせます。
  2. [編集] アイコン () をクリックします。
  3. 必要に応じて、スケジュールの詳細、Bot、およびデバイスに変更を加えます。
    オプション定義
    [繰り返しなし] Bot を指定した時刻に実行するには、次のように入力します。
    [開始日]
    デフォルト値は現在の日です。
    [開始時刻]
    デフォルト値は、次の 30 分に切り上げられます。
    [タイム ゾーン]
    デフォルトの [タイムゾーン] は [PDT (UTC-7:00) ロサンゼルス、アメリカ] です。
    [繰り返し実行] Bot をスケジュール設定して、特定日の特定時刻に実行するには、次のように入力します。
    [開始日]
    デフォルト値は現在の日です。
    [終了日]
    フィールドのデフォルト値は空白です。
    [開始時刻]
    デフォルト値は、次の 30 分に切り上げられます。
    [タイム ゾーン]
    デフォルトの [タイムゾーン] は [PDT (UTC-7:00) ロサンゼルス、アメリカ] です。
  4. [デバイス プール] を選択します。
    選択可能なデバイス プールのリストからプールを選択します。
  5. オプション: 上下矢印をクリックすると、選択したデバイス プールを優先的に設定することができます。
  6. オプション: [一般] タブで、[自動化の優先度] を変更します。
  7. [Bot をスケジュール設定] をクリックします。
[Bot をスケジュール設定] オプションは、すべての必須項目 (Bot、スケジュールの詳細、デバイスなど) を選択するまで無効のままです。
Bot がデプロイされる回数は、スケジュールに選択された実行ユーザー (Bot Runner) に依存します。次のシナリオを考慮してください。
  • 選択された実行ユーザーの数が 2 人で、どちらのユーザーも Bot 実行デバイスを持っている場合: Bot は、2 人の実行ユーザーとその Bot 実行デバイスに 2 回デプロイされます。
  • 選択された実行ユーザーの数が 3 人で、ユーザーのうち 1 人だけが Bot 実行デバイスを持っている場合: この場合、デバイス プールを選択する必要があります。デバイス プールに 2 台のデバイスしかない場合、Bot は、デバイス プール内の両方のデバイスに 3 回デプロイされ、さらに 第 3 ユーザーの Bot 実行デバイスにもデプロイされます。
  • 選択された実行ユーザーの数が 3 人で、3 人のユーザーのいずれも Bot 実行デバイスを持っていない場合: この場合、デバイス プールを選択する必要があります。デバイス プールに 2 台のデバイスしかない場合、Bot は、デバイス プール内の両方のデバイスに 2 回デプロイされ、Bot デプロイの第 3 要求がキューに入ります。デバイス プールでデバイスが利用可能になったときのみ、Bot はデプロイされます。
  • 選択された実行ユーザーの数が 2 人で、2 人のユーザーのいずれも Bot 実行デバイスを持っていない場合: この場合、デバイス プールを選択する必要があります。デバイス プールに 4 台のデバイスがある場合、デバイス プール内の利用可能な 2 台のデバイスに Bot は 2 回デプロイされます。
フィードバックを送る