Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room パッケージを管理

  • 更新済み: 2022/04/11
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

Control Room パッケージを管理

パッケージをデフォルトとして設定するか、無効にするか、削除するかによって、Control Room 内のパッケージを管理します。

前提条件

Control Room に管理者としてログインしていることを確認します。

Control Room でパッケージを管理するには、ユーザーには [パッケージの管理] 権限が必要です。

パッケージ管理アクションは、すべてのユーザーに適用されますが、ユーザーは Bot 内の特定のパッケージ バージョンを選択することができます。

手順

  1. [マネージ] > [パッケージ] の順に移動します。
  2. パッケージの [アクション] アイコンの上にカーソルを合わせます。
  3. [表示] をクリックします。
  4. 次のいずれかのオプションを選択します。
    オプション説明
    デフォルトとして設定 パッケージを選択して、デフォルトとして設定します。パッケージがデフォルトに設定され次第、Control Room のすべての Bot Creator が使用するパッケージとなります。
    注: デフォルトでは、新しいバージョンの パッケージ はデフォルトのバージョンとなり、パッケージ が、Bot の編集で初めて使用される場合にのみ使用されます。Bot がすでに パッケージ を使用している場合は、以前のバージョンを使用し続けます。
    無効にする パッケージを無効にして、ユーザーがパッケージを使用して新しい Bot を作成できないようにします。無効化されたパッケージを使用して作成された Bot は、引き続き動作します。
    削除 パッケージを削除すると、すべてのユーザーについて、Control Room からパッケージに含まれるアクションが削除されます。
    重要: パッケージが Bot によって使用中の場合、削除できません。
フィードバックを送る