Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

エクスプレス モードで IQ Bot をインストールするための要件

  • 更新済み: 2021/08/03
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

エクスプレス モードで IQ Bot をインストールするための要件

IQ Bot をエクスプレス モードで設定するには、前提条件を満たしている必要があります。

エクスプレス モードでの IQ Bot のインストールを開始する前に、次の手順を実行します。

手順

  1. IQ Bot と互換性のあるバージョンに Control Room をインストールします。
  2. エクスプレス モードで IQ Bot のインストールを開始する前に、SQL Server Browser サービスが稼働していることを確認します。
  3. SQL Server Browser サービスを次のいずれかの方法で起動します。
    オプション 1
    1. SQL Server Configuration Manager を起動します。
    2. SQL Server サービスに移動します。
    3. SQL Server Browser サービスを開始します。
    オプション 2
    1. タスクマネージャーを起動します。
    2. [サービス] タブに移動します。
    3. SQLBrowser サービスを開始します。
  4. Automation_Anywhere_IQ_BOT_<version_number>.exe ファイルを使用して IQ Bot をインストールします。
  5. セットアップ ウィザードにインストール手順が表示されます。インストール中に、依存するソフトウェアや要件を満たしていないソフトウェアもインストールされます。
    注: IQ Bot の新規インストールにファイルがアップロードされると、データが暗号化されているため、データベースの管理ユーザーはそのファイルに関する情報をデータベースから抽出できません。
  6. SQL 認証を有効にします。
    TCP プロトコルを SQL Server で有効にして、ローカル ホストをポート 1433 でリッスンします。
  7. SQL Server のインスタンス名を AACRSQLEXPRESS に設定します。
  8. sysadmin 権限を持つユーザーを、ユーザー名 aaadmin とパスワード aabots@123 で作成します。

次のステップ

エクスプレス モードでのインストール手順については、「エクスプレス モードでの IQ Bot のインストール」をご覧ください。
フィードバックを送る