Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アイデンティティと認証

  • 更新済み: 2020/04/07
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

アイデンティティと認証

Automation Anywhere Enterprise 全体のすべてのオートメーション アクション (作成、表示、更新、展開、削除など) は、Control Room 認証が正常に完了した後でのみ実行されます。

認証の成功後にプラットフォームは、きめ細かなロールベースアクセス制御 (RBAC) の形式で、2 回目の必須レベルのアクセス制御を適用します。

Control Room には、オートメーション データへの不正アクセスを防ぐための独特な操作があります。

Bot Runners の動的アクセス トークン認証.

フィードバックを送る