Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot での ABBYY FineReader エンジン OCR エンジンの使用

  • 更新済み: 2022/08/22
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • IQ Bot

IQ Bot での ABBYY FineReader エンジン OCR エンジンの使用

IQ Bot は、ABBYY FineReader エンジン バージョン 12.2、12.3、および 12.4 をサポートしています。

IQ Bot のインストール時に、ABBYY FineReader エンジン オープン ランタイム ライセンスがサーバーに自動的にインストールされます。

注: IQ Bot のアップグレード手順が完了したら、フォルダー パスを AbbyyOCREngineSettings.json 構成ファイルに更新する必要があります。

次の手順に従い ABBYY FineReader エンジン を手動でインストールします。

手順

  1. IQ Bot の OCR プラグインをダウンロードします。
  2. ダウンロード フォルダー内の OCR プラグイン フォルダーを解凍し、解凍されたフォルダーを <IQ Bot インストール パス>\Automation 360 IQ Bot\ に配置します。
  3. フォルダー名が「<IQ Bot インストール パス>\Automation 360 IQ Bot\OCR Plugins\ABBYY SDK\12\FineReader Engine...」となっており、解凍によって OCR Plugins\OCR Plugins のようにフォルダー名が二重に作成されていないことを確認します。ダウンロードしたファイルを解凍した後、フォルダー名を「OCR Plugins」のままにし、バージョン番号を削除します。次に例を示します。解凍した後のフォルダー名が「OCR Plugins 12.4」の場合は、フォルダー名の末尾からバージョン番号 (12.4) を削除します。
  4. IQ BotABBYY FineReader エンジン を使用するには、以下のオプションが使用できます。
    オプション説明
    デフォルトの OCR エンジンとして ABBYY FineReader エンジン を設定 Settings.txt ファイルを構成します。

    手順 5 および 6 に従って、Settings.txt ファイルを構成します。

    制約事項: settings.txt ファイルの構成は、Automation 360 IQ Bot クラウド には該当しません
    UI から ABBYY FineReader エンジン OCR エンジンを選択します。 UI から選択するには、OCR エンジンの選択 を参照してください。
  5. 制約事項: settings.txt ファイルの構成は、Automation 360 IQ Bot クラウド には該当しません。

    Automation 360 IQ Bot クラウド では、appConfigurations API を使用して OCR 設定の読み取りと更新を行えます。

    API の使用についてサポートが必要な場合は、サポート チームにお問い合わせください。Open a support case (A-People login required)

    ABBYY FineReader エンジン をデフォルトの OCR エンジンとして設定するには、C:\Program Files (x86)\Automation 360 IQ Bot <version>\Configurations フォルダーから Settings.txt ファイルを開いて、OCREngine=Tesseract4OCREngine=Abbyy に変更して、ファイルを保存します。
    Trouble: 中国語ドキュメントの処理における分類に関する問題のトラブルシューティングを行います。

    All files are getting unclassified while processing Chinese language documents (A-People login required)

  6. 次に、C:\Program Files (x86)\Automation 360 IQ Bot\Configurationsstopanduninstallallservices.bat ファイルを実行します。
    要確認: サービスを停止し、installandstartallservices.bat ファイルを実行して、サービスをインストールおよび起動します。
  7. IQ Bot でラーニングインスタンスを作成します。ABBYY FineReader エンジン を使用してテキストのセグメンテーションを行い、OCR エンジンをラーニングインスタンス用に使用します。同時に、これらのラーニングインスタンスでは、ドキュメント分類、自動マップ フィールド、認識抽出、フィールド値自動修正のための IQ Bot の機能が引き続き使用されます。
    注: IQ BotC:\Program Files (x86)\Automation 360 IQ Bot <バージョン> フォルダー以外の場所にインストールした場合は、[Configurations] > [ABBYYOCREngineSettings.json] フォルダーを見つけて開き、埋め込まれた EnginePathLicensePath をインストール フォルダーと一致するように更新します。
    次に例を示します。
    {
      "UseOpenRuntimeLicense": true,
      "EnginePath": "C:\\Program Files (x86)\\Automation 360 IQ Bot\\OCR Plugins\\ABBYY SDK\\12\\FineReader Engine\\Bin",
      "DeveloperSN": "",
      "ProjectId": "",
      "LicensePath": "C:\\Program Files (x86)\\Automation 360 IQ Bot\\Configurations\\Runtime.ABBYY.LocalLicense",
      "LicensePassword": ""
    }
    
    注: デフォルトの OCR エンジンが ABBYY FineReader エンジン の場合、ドキュメントを分類できないことがあります。この問題について推奨される回避策を参照してください。

    Document uploads are moving to unclassified state while using Abbyy OCR engine (A-People login required)

  8. 以下の表に、サポートされており、IQ Bot と互換性のある ABBYY FineReader エンジン バージョンを示します。
    表 1. ABBYY FineReader エンジンIQ Bot のバージョンの互換性対応表
    ABBYY FineReader エンジン バージョン IQ Bot バージョン
    12.2 (A2019.12) 以前
    12.2 および 12.3 (A2019.13) ~ (A2019.16)
    12.2、12.3、および 12.4 (A2019.17) 以降
フィードバックを送る