Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 のインストールと更新

  • 更新済み: 2022/03/22
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace
    • プロセス フロー

Automation 360 のインストールと更新

Automation 360 では、あらゆるタイプのユーザーに向けて、ウェブベースのクラウドネイティブな RPA プラットフォームが提供されます。Automation 360 の設定に伴うタスクを確認してください。

Legal disclaimer: このワークフローで提供される情報は、お使いの製品によって異なる場合があります。管理者の手順は、クラウド または Community Edition に適用されない場合があります。
  1. Automation 360 デプロイ モデルを選択します。

    デプロイ モデル

  2. デプロイ モデルに応じたシステム前提条件を確認します。
  3. 管理者: Bot ユーザーを設定します。

    Bot ユーザーはこのステップをスキップして、ステップ 4 に進んでください。

    1. 管理者の資格情報が届きます。
    2. サポートされるデバイスにログインして対応 Web ブラウザを開き、専用 URL を使用して Control Room にログインします。
    3. ロールとデバイス ライセンスを割り当てて、Bot ユーザーを作成します。
    4. パスワードやユーザー情報の変更、アカウントのアクティブ化/非アクティブ化など、イベントがユーザーに影響を与える場合は、Control Room のユーザーに対する E メール通知を設定します。
  4. Bot ユーザー: 以下の手順を実行して Automation 360 を開始します。
    1. ユーザーのログイン資格情報と Control Room の専用 URL を受け取ります。

      資格情報は貴社の Automation Anywhere 管理者または Automation Anywhere から送信されます。

      Community Edition ユーザー: Automation 360 アカウントを持っていない場合は、Automation Anywhere Community Edition にアクセスして無料の Community Edition アカウントに登録してください。

    2. Automation 360 アカウントにログインします。
      サポートされるデバイスにログインして対応 Web ブラウザを開き、Control Room にログインします。
    3. デバイスの登録と Bot エージェント のインストール
      注: Bot エージェント は、サポートされる Windows オペレーティング システムを実行しているデバイスにのみインストールされています。「Automation 360 クラウド Bot Runnerデバイス要件」を参照してください。Control RoomBot エディター を使用して Bot を作成できますが、Bot を実行するには Bot エージェント をデバイスにインストールする必要があります。
    4. Bot の作成を開始します。
Update Enterprise A2019:最新 Automation 360 バージョンに更新」を参照してください。

クラウドCommunity Edition は自動的に更新されます。