Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 v.24R2 のリリースノート Internet Explorer 11 EOL

  • 更新済み: 2022/04/08
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace
    • リリース ノート

Automation 360 v.24R2 のリリースノート Internet Explorer 11 EOL

リリース日: 2022年4月22日
Disclaimer: このリリースビルドは、現在、特定のお客様のみに提供しています。近日中に一般公開(GA)される予定です。

このページのコンテンツは現在開発中のものであり、変更される場合があります。

マイクロソフトは、EOL(End-of-Life)を発表しています。 Internet Explorer は、2022年6月より、Microsoft EdgeまたはIEモードのMicrosoft Edgeを推奨しています。このリリースには、IEモードのEdgeで認証されたパッケージと、アップデートする際に役立つIE移行ウィザードが含まれています。 bots を、IEモードのEdgeで動作させるために一括してインストールします。

なぜこのリリースなのか

今後の Internet Explorer EOLは、現在使用しているオペレーティング・システムによって影響を受ける可能性があります。 bots が実行されています。

詳細は以下の表をご覧ください。
Microsoft オペレーティング システム Automation 360Enterprise 11 bots
Windows 10 半期チャネル をアップグレードしてください。 bots をクリックして、対応ブラウザをご利用ください。

サポートされているブラウザのリストについては、「RPA Workspace のブラウザ要件」をご覧ください。

その他すべてのサポートされているオペレーティング システム 直接の影響はありません

今度から Automation 360 v.25のリリースでは、このようなアクセスに際して Control Room などのサポートされている別のブラウザを使用しています。 Google Chrome または Microsoft Edge (Chromium)の代わりに Internet Explorer.Internet Explorer では Control Room にアクセスできなくなります。当社は、マイクロソフト社のブラウザ サポートに関する方針に合わせることで、Google ChromeMicrosoft Edge といった最新ブラウザならではの技術的に高度な機能をお客様に提供できます。

本リリースに含まれる機能

本リリースでは、以下の機能が利用可能です。
  • Bot Scanner
  • にアクセスし、変換するための新しい機能権限です。 bot から Internet Explorer への Microsoft Edge を使用してIEで Bot update wizard.
  • 新着情報 Bot update wizardControl Room を使用して、既存の Internet Explorerbots に変更します。 Microsoft Edge をIEモードにして、確実に bots で動作し続けます。 Automation 360 対応ブラウザ Internet Explorer エンドオブライフ(EOL)です。
  • 変換後のボットの検証
  • 移行をサポート Enterprise 11 または Enterprise 10bots を含むもの。 Object Cloning コマンドをInternet Explorerから ChromiumベースのMicrosoft Edge(IEモード付き.で Automation 360は、その Object Cloning コマンドにマッピングされます。 レコーダー > キャプチャ アクションを実行します。
  • 移行をサポート bots その使用 Internet Explorer から Enterprise 11 または Enterprise 10 に変更します。 Automation 360 のために Windows Actions:
    • は、その bots ブラウザまたはアプリケーションベースのウィンドウを使用して作成された、ウィンドウのタイトルとアプリケーションのパスは、現在では Microsoft Edge.
    • window変数のデフォルト値、ウィンドウタイトル、ウィンドウアプリケーションパスを Microsoft Edge.
      注: Bots に更新されません。 Microsoft Edge.でコンフィグ設定を有効にしておく必要があります。 Legacy Automationpackage を起動する。 bots を使用して構築された Internet Explorer にします。 Microsoft Edge 互換モード
    • コマンド If, Loop とします。 Delay/Waitウィンドウ のような条件は ウィンドウが存在する または ウィンドウが存在しない, 同じタイトルのウィンドウが存在しないまたは 同じタイトルのウィンドウが存在する に更新されます。 Microsoft Edge.
    これを実現するために 移行ウィザード > ボットの移行 を選択します。 Internet Explorer で構築されたボットを Internet Explorer モードで Edge に変換する を変換してください。 bots.
  • Automation 360の変換をサポート bots を使用すること。 Internet Explorer:
    • 新しい アップデートボットaction での Bot マイグレーション package をブラウズして選択し、オートメーション360 bots を使用して構築された Internet Explorer ブラウザに変換し Microsoft Edge Chromium with IEモード。
    • 既存の マイグレートボットaction という名前に変更されました。 レガシーボットのマイグレート.
  • で動作するWeb Java アプリケーションを自動化できるようになりました。 Microsoft Edge IE モードで Chromium を使用するには レコーダー > キャプチャ または 録画開始 オプションを使用します。
  • 以下は actions ブラウザの package に対応しました。 Microsoft Edge IEモード搭載のChromiumブラウザ
    • 戻る
    • ソースコードを取得
    • Javascriptの実行

制限事項

フィードバックを送る