Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot および Bot 資格情報の権限

  • 更新済み: 2022/05/23
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

Bot および Bot 資格情報の権限

Bot の管理用機能と Bot が使用する資格情報へのアクセスを可能にします。

Bot の権限

アクション リソース タイプ 説明
表示

repositorymanager

自分が作成した Bot と自分に割り当てられた Bot を表示できます。
注: その他の Bot 権限を割り当てる前に、この権限を割り当てる必要があります。
実行

repositorymanager

自分が作成した Bot と自分に割り当てられた Bot を実行できます。
エクスポート repositorymanager ダウンロード権限を持つ Bot および関連する Bot の依存関係をエクスポートできます。
インポート repositorymanager アップロード権限を持つ Bot および Bot の依存関係をインポートできます。
createfolders repositorymanager ユーザーは、自分がアクセス権を持つフォルダー内にフォルダーを作成できます。
renamefolders repositorymanager 自分がアクセスできるフォルダーの名前を変更できます。
注: 名前は空のフォルダーのみ変更できます。
cancelcheckout repositorymanager Bot チェックアウトをキャンセルし、公開リポジトリからファイルをロック解除できます。
forceunlock repositorymanager ロックされた Bot をロック解除できます。
accessresourceany repositorymanager リソースに対する権限を取得できます。例:

runtimeclientsmanagementpoolqueue など

setproductionversion repositorymanager Bot のプロダクト バージョンを設定できます。
すべて repositorymanager すべてのリポジトリ権限を取得できます。
gitrestore repositorymanager Git 復元権限を取得できます。

資格情報と ロッカー 権限

アクション リソース タイプ 説明

managecredentials

資格情報

自分の資格情報を作成、編集、削除できます。さらに、自分に割り当てられた ロッカー からの資格情報を操作できます。
注: すべてのロールは、この権限をデフォルトで持っています。

作成

ロッカー

自分のロッカーを作成および管理できます。
consume ロッカー ロッカーのロッカーを利用できます。
createstandard credentialattribute 資格情報の標準属性を作成できます。標準属性は、その資格情報のすべてのユーザー間で共有されます。
updateany credentialattributevalue マスク表示された自分の属性を表示および編集できます。
botautologinapi credentialattributevalue リモートで Bot を実行するためのログイン プロセスを自動化できます。
addcredential credentialmanager レガシー。使用されておらず、今後のリリースでは削除される予定です。
updatecredential credentialmanager
deletecredential credentialmanager
注: AAE_Locker Admin ロールを持つユーザーは、Control Room 内のすべての資格情報とロッカーを表示できます。「システムによって作成されるロール」を参照してください。
フィードバックを送る