Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Linux 用の共有リポジトリを使用してクラスター設定で Control Room を構成する

  • 更新済み: 2021/10/21
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

Linux 用の共有リポジトリを使用してクラスター設定で Control Room を構成する

RPA プラットフォーム管理者は、共有リポジトリ全体のクラスター設定で Control Room を構成して、高可用性、ロードバランシング、および災害復旧を実現できます。

前提条件

  • オンプレミス インストールの前提条件を満たしているかどうかを確認します。

    Automation 360 オンプレミス の前提条件

  • 次の条件と情報が揃っていること確認します。
    • RHEL 7.9 を搭載した Linux VM 3 台
    • データベースに接続された MS SQL 2019 を搭載した Linux VM 1 台。
    • 全ノードにアクセス可能なロード バランサー 1 台
    • AWS NFS 1 台

Control Room ノードの 1 つがダウンしている場合、他のノードはサービスの継続性を維持し、サーバーの負荷を管理します。特定のノードに障害が発生した場合、サーバー上の他の共有ノードからデータを復旧することができます。

共有リポジトリを使用して、3 つのノード (N1、N2、および N3) を持つクラスターで Control Room を設定するには、次の手順を実行します。

手順

  1. AWS に NFS を設定します。
  2. ノード N1、N2、N3 にディレクトリを作成します。
    /CRRepo/AutomationAnywhere
  3. 以下のコマンドを実行し、全ノードで新しいディレクトリに読み取り権限と書き込み権限を付与します。
    1. sudo chown -R crkernel:controlroom /CRRepo/AutomationAnywhere
    2. sudo chmod -R 775 /CRRepo/AutomationAnywhere
  4. 3 つのノードすべてで次のコマンドを実行して、fstab ファイルを編集し、NFS を使用して新しいディレクトリをマウントおよびマップします。
    fs-eec88e3f.efs.ap-south-1.amazonaws.com:/ /CRRepo/AutomationAnywhere nfs rw,hard,intr,rsize=1048576,wsize=1048576,timeo=14 0 0
  5. リモート NFS ボリュームが正常にマウントされていることを確認するには、ノード N1、N2、および N3 を再起動し、df -h コマンドを実行します。
    共有がマウントされた後、マウント ポイントはマウントされたファイル システムのルート ディレクトリになります。
  6. NFS が共有リポジトリ全体で機能していることを確認するには、ノード N1 の /CRRepo/AutomationAnywhere ディレクトリにテキスト ファイルを作成します。
    ノード N2、N3 ディレクトリにある同じファイルを表示できます。
  7. ノード N1、N2、および N3 に Control Room をインストールします。

次のステップ

共有リポジトリ全体で Control Room を構成した後、次の手順を実行します。
  1. ロード バランサー URL を介して Control Room にアクセスします。
  2. Control Room の設定手順の後、次のステップに進みます。
    1. Control Room リポジトリ パスに /CRRepo/AutomationAnywhere と入力します。
    2. URL フィールドに、ロード バランサー サーバーの URL を入力します。
    3. 管理者ユーザーを作成するために必要な手順を完了します。
  3. [管理] > [設定] > [一般タブ] に移動して、3 つのノードすべての Control Room を確認します。
フィードバックを送る