Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ラーニング インスタンスをトレーニング

  • 更新済み: 2021/09/27
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

ラーニング インスタンスをトレーニング

デジタル化してドキュメントからデータを抽出することができるトレーニング bots をラーニング インスタンスで開始するには、[トレーニング] ボタンをクリックします。システムはトレーニングドキュメントを分析し、フィールド識別に基づき論理グループに並び替えます。

IQ Bot Designer に、トレーニング対象の各ドキュメント グループが重要度の順で表示されます。
注: Designer のドキュメントから抽出するフィールドとテーブルをすべて定義します。

左パネルのフィールドをクリックすると、中央パネルにはマッピングされたフィールドとその値が表示されます。右パネルに表示されたドキュメントで、フィールドとその値を検証できます。

マップされたフィールド値が正確な場合に Designer では、中央パネルのマップされたフィールドの横に緑色のチェックマークが表示されます。

フィールド内の値を一部のドキュメントのみに表示させるには、フィールドに [任意] としてマークします。デフォルトでは、ラーニング インスタンスの作成後に追加された場合を除き、フィールドは [必須] としてマークされます。この場合、フィールドはデフォルトで [任意] になります。以下の例を参照します。

税金が計算されるドキュメントと計算されないドキュメントがある場合は、このフィールドを任意としてマークし、デフォルト値の 2% を指定できます。
フィードバックを送る