Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

キューの詳細の表示

  • 更新済み: 2020/11/17
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

キューの詳細の表示

特定のキューの詳細を表示するには、[キューの詳細を表示] ページを使用します。

前提条件

Control Room に管理者としてログインしていることを確認します。

必要な許可:
  1. [キューの所有者]、[キュー参加者]、または [コンシューマー] の権限
  2. [マイ キューを表示してマネージ] 機能権限
[キューを表示] ページにキューの詳細が表示されます。
  • [新規] 作業項目が最近キューに追加された場合に表示されます。
  • [保留中] 作業項目の処理がキューの所有者、参加者、またはコンシューマーによって延期された場合に表示されます。
  • [失敗] 作業項目の処理が Unattended Bot によって失敗したときに表示されます。
  • [完了] 作業項目が Bot Runner によって正常に処理されたとき、またはキューの所有者、参加者、またはコンシューマーによって [完了] とマークされたときに表示されます。
  • [データ エラー] ファイルからのデータのロード中にエラーが発生したときに表示されます。
  • [アクティブ] 作業項目が現在処理中であるとき、または処理準備段階にあるときに表示されます。
  • [実行準備完了] 作業項目が実行に備えて正常に処理され、データ エラーがなく、ステージング処理ができる場合に表示されます。
以下のさまざまなタブに示されるキューの内容。
  1. 作業項目: これがデフォルトのビューです。すべての作業項目をタブ形式で確認できます。このフィルタを使用して特定の作業項目を表示できます。たとえば、ステータスが [完了] のすべての作業項目などです。各行の個々の作業項目を [表示]、[編集]、または [削除] できます。作業項目のステータスを一括で変更することもできます。たとえば、[データ エラー] のすべての作業項目のステータスを [保留中] に変更します。
  2. [一般]: 再アクティブ化のしきい値と、1 つの作業項目を完了するために必要な [時間] を表示します。
  3. [所有者]: キューを編集して新しい作業項目を追加できるキュー所有者のユーザー名が表示されます。
  4. [参加者]: 新しい作業項目の追加およびキューの表示を行うことができるキュー参加者のユーザー名が表示されます。
  5. [コンシューマー]: キューとキュー内のすべての作業項目を表示できるコンシューマーのユーザー名が表示されます。さらに、Bot を実行するときにこのキューを使用できます。
  6. [作業項目の構造]: キューの作成時に定義した作業項目構造が表示されます。
ヒント: これらの詳細を編集するには、[このキューを編集] リンクまたは [編集] ボタンをクリックします。また、キューを削除するには、[削除] ボタンをクリックします。

手順

  1. [マネージ] > [キュー] の順に移動します。
  2. キューの [アクション] アイコンの上にカーソルを合わせます。
  3. [表示] をクリックします。

次のステップ

キューのオートメーションの表示
フィードバックを送る