Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

スクリーン パッケージ

  • 更新済み: 2020/05/12
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

スクリーン パッケージ

スクリーンショットのキャプチャ プロセスを自動化するには、スクリーン パッケージ を使用します。このパッケージの アクション を使用すると、アプリケーション ウィンドウの領域、コンピューター画面全体、または開いているアクティブなウィンドウをキャプチャし、指定した場所に画像形式で保存できます。

スクリーン パッケージアクション

スクリーン パッケージ には以下の アクション が含まれています。

アクション 説明
領域をキャプチャ 開いているアプリケーションの指定された領域をキャプチャします。

[領域をキャプチャ] アクション の使用」を参照

デスクトップをキャプチャ デスクトップ全体の画像をキャプチャします。
  • [画像を保存するファイル パス] フィールドで、キャプチャした画像を保存するパスを指定します。

    サポートされているファイル拡張子は、.png、.bmp、.jpeg、.tiff、.gif、および .wmf です。

  • 同じ名前のファイルが存在する場合に上書きするには、[ファイルを上書き] チェックボックスを選択します。
ウィンドウをキャプチャ 開いているアプリケーション ウィンドウのスクリーンショットをキャプチャします。

[ウィンドウをキャプチャ] アクション の使用」を参照

安全な記録

安全な記録モードが有効になっている場合、Bot はキャプチャ後にターゲット オブジェクトの画像を表示しません。これにより、機密データが表示されることはありません。
注: Bot はキャプチャ後にターゲット画像を表示しませんが、画像は Bot を実行するのに必要であるため、Control Room に保存されます。

安全な記録モードでタスクを記録すると、[プレビュー] ウィンドウにキャプチャされた領域が一時的に表示されます。この画像は、Bot エディター ウィンドウ外に移動したり、ウィンドウを更新すると非表示になります。

管理者権限を持つユーザーは、この設定を有効にする必要があります。「設定」を参照してください。

フィードバックを送る