Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Python スクリプトを使用してリストに参加する例

  • 更新済み: 2021/06/03
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

Python スクリプトを使用してリストに参加する例

Python 機能を使用して、「Go Be Great!」(Automation Anywhere バージョンの「Hello World」) というメッセージを出力する Python 関数を使用する bot を構築します。この例では、 bot は一連の文字列値を組み合わせてメッセージ ボックスに出力します。

前提条件

Automation 360 から Python スクリプトを実行するには、最新バージョンの Python 3.x がデバイスにインストールされている必要があります。

手順

  1. 新しい bot を開きます。
    1. Control Room から、Bot > Bot の順に選択します。
    2. 新規作成 > Bot をクリックします。
    3. [TaskBot を作成] ウィンドウで、bot 名を入力します。
    4. デフォルトのフォルダー場所 [\Bots\] を受け入れます。
      bot の保管場所を変更するには、[選択] をクリックしてプロンプトに従います。
    5. [作成して編集] をクリックします。
  2. リスト値を保持する変数を作成します。
    1. [変数を作成] アイコンをクリックします。
    2. [名前] フィールドに lArgument と入力します。
      Recommendation: 変数名の先頭に変数データ型を小文字で追加します。

      変数の命名

    3. [リスト] 型および [文字列] サブタイプを選択します。
    4. [デフォルト値] フィールドに以下の値を入力します。
      1. 0 の値: Go
      2. 1 の値: Be
      3. 2 の値: Great
      4. 3 の値: !
    5. [作成] をクリックします。
  3. Python スクリプト > 開く actionでスクリプトを提供します。
    1. Python スクリプト > 開く をダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [手動入力] オプションを選択します。
    3. 次のテキストをコピーして [スクリプトをここに入力] フィールドに貼り付けます。
      def data ( str ):
          x = " ".join( str )
          return x
  4. Python スクリプト > 関数を実行 actionを使用して、スクリプトを実行するように bot に指示します。
    1. Python スクリプト > 関数を実行 をダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [実行する関数の名前を入力します] フィールドに data と入力します。
    3. [関数への引数] ドロップダウン リストから [lArgument] 変数を選択します。
    4. [出力を変数に割り当てる] フィールドに sOutput 変数を作成します。
  5. Python 関数の出力を保持する [メッセージ ボックス] actionを挿入します。
    1. メッセージ ボックス > メッセージ ボックス actionをダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [表示するメッセージを入力] フィールドで変数 [sOutput ] を選択して挿入します。
    3. [メッセージ ボックスを閉じる秒数] チェック ボックスを選択します。フィールドはデフォルト値の 5 秒のままにします。
  6. Python スクリプト > 閉じる actionでスクリプト実行セッションを閉じます。
    1. Python スクリプト > 閉じる をダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [保存] をクリックします。
  7. [実行] アイコンをクリックします
    bot は 「Go Be Great!」というテキストを含むメッセージ ボックスを生成します。メッセージ ボックスは 5秒後に消えます。

    bot ランチャー ログを確認するには、C:\ProgramData\AutomationAnywhere\BotRunner\Logs\<current month>\Bot_Launcher-<today's date>.log.zip に移動します。圧縮された各フォルダーには、コード実行に関するデータを含むファイルが含まれます。このファイルはデバッグに役立ちます。

フィードバックを送る