Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ユニバーサル レコーダー を使用して記録したタスクの編集

  • 更新済み: 2022/01/18
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

ユニバーサル レコーダー を使用して記録したタスクの編集

タスクを記録した後で、[キャプチャ] アクション を編集して、ウィンドウの変更、別のオブジェクトのキャプチャ、新しいアクションの選択、バックグラウンド処理の有効化、異なる待機時間の入力、変数への出力の保存などを行います。

前提条件

[リスト] ビューを選択して、各 アクション の詳細を表示します。

以下の操作を行うには、記録されたタスクを編集します。
  • 操作を行うアプリケーション ウィンドウを変更するか、ウィンドウ タイトルにワイルドカードを追加する。
  • キャプチャしたオブジェクトのプロパティを変更する。
  • キャプチャしたオブジェクトで実行する アクション を指定する。
  • 遅延を適用してから、次の アクション を実行する。
  • 出力を格納するために使用する変数を指定する。

タスクに [キャプチャ] アクション を追加するには、「[キャプチャ] アクション の使用」を参照してください。

手順

記録されたタスクを編集するには、次の手順を実行します。

  1. 編集対象の記録された アクション を含む Bot を開きます。
  2. 編集する [キャプチャ] アクション をクリックします。

必要に応じて、次の変更を行います。

  1. ウィンドウの選択を [現在有効] ウィンドウ オプションに変更します。
  2. オプション: [ウィンドウ タイトル] フィールドでワイルドカード文字 (*) を挿入することで、さまざまなウィンドウ タイトルを検索できます。値の先頭、中間、末尾に 1 つ以上のワイルドカード文字 (*) を指定することができます。
    たとえば、タイトルに Microsoft を含むウィンドウで操作を実行するには、値の前または後にワイルドカード文字を追加して、次のように任意の文字列を示すことができます。*Microsoft*Bot は、まず、完全に一致するウィンドウ タイトル (この場合であれば、Microsoft) を検索し、条件に一致する文字が見つからない場合は、タイトルに Microsoft を含むウィンドウを検索します。

    正規表現 (regex) を使用して、ウィンドウ タイトルを識別できます。各正規表現条件の [文字列] または [パターン] として正規表現を選択し、値を入力します。デフォルトでは、[ウィンドウ タイトル] フィールドで大文字と小文字が区別されます。[大文字と小文字を区別しない] 正規表現フラグを有効にして、大文字と小文字を区別しないウィンドウ タイトルを識別できます。

    たとえば、((\w*)-Notepad で始まるすべてのウィンドウ タイトル名には ((\w*)-Notepad として文字列値を入力できます。または、((\w)\s)*document-Notepad といったパターンを使用すると、このパターンに一致するウィンドウ タイトルのみに絞り込むことができます。

    注: 実行時に、タスク Bot が正しいウィンドウを特定していることを確認します。特定していない場合は、次の操作を実行します。
    1. アプリケーションまたはブラウザ ウィンドウを開きます。
    2. [ウィンドウ] > [アクティブなウィンドウ タイトルを取得] アクション[レコーダー] > [キャプチャ] アクション の上にドラッグします。
    3. 文字列変数を [ウィンドウタイトルを変数に代入] フィールドに挿入します。
    4. [ウィンドウ] > [タイトルを設定] アクション[ウィンドウ] > [アクティブなウィンドウ タイトルを取得] アクション の下にドラッグします。
    5. [ウィンドウ] フィールドに、[レコーダー] > [キャプチャ] アクション によって生成されたウィンドウ変数を挿入します。
    6. [新しいウィンドウ タイトル] フィールドで、[アクティブなウィンドウ タイトルを取得] アクション から文字列変数を挿入します。
    7. [保存] をクリックします。
  3. オプション: [ウィンドウのサイズ変更] オプションを選択して、ウィンドウの寸法を指定します。
    このオプションによって、より信頼性の高い Bot を実現できます。タスク記録時に合わせてウィンドウのサイズを変更し、Bot がターゲット オブジェクトを特定できるようにします。
    • タスク記録時にウィンドウが最大化されている場合、このオプションは選択されていません。
    • タスクを記録するときにウィンドウが最大サイズでない場合は、このオプションがデフォルトで選択され、幅と高さのフィールドにはウィンドウの寸法