Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[ループ] アクションの使用

  • 更新済み: 2021/12/16
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

[ループ] アクションの使用

特定の回数または条件が満たされるまで、アクション のシーケンスを繰り返し実行するには、[ループ] アクション を使用します。

手順

アクション のシーケンスを繰り返し実行するには、以下の手順に従います。

  1. [アクション] パレットの [ループ] アクション をダブルクリックまたはドラッグします。
  2. ループの条件を設定します。
    オプションアクション
    特定の回数だけアクションのシーケンスを繰り返すには、[反復子] オプションを選択します。 [反復子] リストからオプションを選択して、アクションのシーケンスを繰り返す回数を指定します。

    利用可能なオプションのリストについては、「ループ パッケージ」を参照してください。

    条件が満たされるまでアクションのシーケンスを繰り返す場合は、[While] オプションを選択します。
    1. [条件] リストからオプションを選択し、条件を指定します。
    2. 各反復の最後に条件を検証する場合は、[繰り返しの終了時に条件を確認します] を選択します。このオプションを使用すると、条件が満たされていない場合でも一連のアクションが少なくとも 1 回実行されます。
  3. [ループ] 内で繰り返す アクション をダブルクリックまたはドラッグします。
  4. オプション: 現在の繰り返しをスキップしてループの次の繰り返しを続行するには、[ループ] パッケージ から [続行] アクション をダブルクリックするかドラッグします。
  5. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る