Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Linux での Control Room サービスの停止と開始

  • 更新済み: 2021/10/05
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace

Linux での Control Room サービスの停止と開始

Linux で Automation Anywhere Control Room サービスを停止したり再起動するための手順とサービス名を確認します。

前提条件

Automation Anywhere Control Room サーバーにログインします。

手順

  1. A2019 のインストールを完了したばかりの場合は、次のコマンドを使用して、すべての Control Room サービスのステータスを表示します。

    sudo systemctl status control*

    出力を閲覧します。いずれかのサービスがアクティブに実行されていない場合は、次のコマンドを使用してサービスを手動で開始できます (特定のサービス名については、次のステップを参照してください)。

    sudo systemctl start <servicename>

    注: 複数のサービスが実行されていない場合は、次のステップのスクリプトを使用してすべてのサービスを開始できます。

    Linux のインストールに関するその他の問題については、Automation Anywhere サポートにお問い合わせください: Open a support case (A-People login required)

  2. オプション: startallaae.sh などの次のコードからスクリプトを作成し、すべての Control Room サービスを開始します。
    このサンプル スクリプトでは、再起動が必要な Control Room サービスを一覧表示しています。サービスの再起動はどの順番でも可能です。
    sleep コマンドを使用すると、次のサービスを開始する前に各サービスの起動を完了できます。
    注: controlroomdiscoverybot.service は、Automation 360 バージョン 16 からデフォルトでのみインストールされるようになりました。
    echo Starting elastisearch
    sudo systemctl start controlroomelasticsearch.service
    sleep 30
    echo Starting botcompiler
    sudo systemctl start controlroombotcompiler.service
    sleep 30
    echo Starting control room caching
    sudo systemctl start controlroomcaching.service
    sleep 30
    echo Starting backend service
    sudo systemctl start controlroombackend.service
    sleep 30
    echo Starting reverse proxy
    sudo systemctl start controlroomreverseproxy.service
    sleep 30
    echo Starting messaging
    sudo systemctl start controlroommessaging.service
    sleep 30
    echo Starting iq bot
    sudo systemctl start controlroomiqbot.service
    sleep 30
    echo Starting discovery bot
    sudo systemctl start controlroomdiscoverybot.service
    sleep 30
    echo Starting aari
    sudo systemctl start controlroomaari.service
    sleep 30
    echo Starting storage
    sudo systemctl start controlroomstorage.service
    sleep 30
    echo Starting ml services
    sudo systemctl start controlroomdiscoverybotml.service
    sleep 30
    スクリプトに実行権限を割り当て、sudo ./startallaae.sh を実行します。
  3. 単一のサービスを停止するには、次のコマンドを使用します。sudo systemctl stop <servicename>
    任意: メンテナンスやその他の要件のためにすべてのサービスを停止するには、stopallaae.sh などのスクリプトを作成して Control Room のサービスを停止します。
    sudo systemctl stop controlroommessaging.service
    sudo systemctl stop controlroomreverseproxy.service
    sudo systemctl stop controlroombackend.service
    sudo systemctl stop controlroomcaching.service
    sudo systemctl stop controlroombotcompiler.service
    sudo systemctl stop controlroomelasticsearch.service
    sudo systemctl stop controlroomiqbot.service
    sudo systemctl stop controlroomdiscoverybot.service
    
    sudo systemctl stop controlroomaari.service
    sudo systemctl stop controlroomstorage.service
    sudo systemctl stop controlroomdiscoverybotml.service
    スクリプトに実行権限を割り当て、sudo ./stopallaae.sh を実行します。
フィードバックを送る