Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Automation 360 IQ Bot を更新しています

  • 更新済み: 2022/07/05
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • IQ Bot
    • 概要

Automation 360 IQ Bot を更新しています

Automation 360 IQ Bot オンプレミス の最新バージョンにアップグレードすると、すべての最新機能や拡張機能をご利用いただけます。

前提条件

既存のIQ Botラーニングインスタンスをすべてバックアップしておいてください。現在使用しているAutomation 360 IQ Botバージョンに応じて、次の更新オプションを使用できます。

  • 以前の Automation 360 IQ Bot ビルド (1089、1598、2079) から最新バージョンの Automation 360 IQ Bot オンプレミスに更新する

    Automation 360 IQ Bot の以前のバージョンには、5つのデータベースがありました。単一の統合データベースは、Automation 360 IQ Botオンプレミスビルド 2545 から開始して利用できます。移行スクリプトを使用して、これらの5つのデータベースを統合データベースに移行します。

    IQ Bot オンプレミス データベースの移行スクリプトの実行

  • 最新バージョンの Automation 360 IQ Bot オンプレミスに更新する。

    既存製品を、製品の改良とバグ修正を提供する最新バージョンAutomation 360 IQ Botオンプレミスに更新してください。

    Automation 360 IQ Botオンプレミス を最新バージョンに更新

  • アップグレードのための CyberArk Vault 統合のトラブルシューティング

    Automation 360 IQ Botビルド 15112 にアップグレード中に Vault キー検証エラーが発生した場合は、JDBC ドライバーが C:\Windows\System32 フォルダーにあることを確認して、問題をトラブルシューティングします。

    Troubleshoot CyberArk vault integration for upgrade (A-People login required)

フィードバックを送る