Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[検索] アクション の使用

  • 更新済み: 2020/11/17
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

[検索] アクション の使用

指定した文字列内で従属文字列を見つけるには、[検索] アクション を使用します。

この アクション では、正規表現に基づいて検索を実行することもできます。正規表現は、検索パターンを定義する一連の文字です。たとえば、ソース文字列内のすべての E メール アドレスを検索するには、正規表現として次のように指定します: \b[A-Z0-9._%-]+@[A-Z0-9.-]+\.[A-Z]{2,4}\b
注: ドル記号 ($) を含む文字列を検索するには、記号を 2 回入力する必要があります。そうしないと、Bot はドル記号を正規表現文字として解釈します。

手順

指定した文字列から従属文字列を検索するには、以下の手順に従います。

  1. アクション パレットで、[文字列] パッケージ の [検索] アクション をダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [元の文字列] フィールドで元の文字列を指定します。
  3. [文字列を検索] フィールドで従属文字列を指定します。
  4. [検索時] フィールドで、次のいずれかのオプションを選択します。
    • 大文字と小文字を区別: テキストの大文字と小文字が区別されます。
    • 大文字と小文字を区別しない: テキストの大文字と小文字が区別されません。
  5. [検索文字列は次のとおりです] フィールドで、いずれかのオプションを選択します。
    • 正規表現: 従属文字列は正規表現です。
    • 非正規表現: 従属文字列は正規表現ではありません。
  6. オプション: [開始] フィールドで開始点を指定します。
    たとえば、段落内でソース文字列内の「」という単語を「」という単語に置き換える場合を考えてみます。段落には「」が 10 インスタンスあり、3 番目の出現だけを置換するとします。[開始] フィールドに「3」と入力して 3 番目の出現を特定します。
  7. [出力を変数に代入] リストで数値変数を指定します。
  8. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る