Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot のチェックアウト

  • 更新済み: 2021/11/12
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

Bot のチェックアウト

Bot ファイルやフォルダーを公開ワークスペースから非公開ワークスペースにチェックアウトして、Bot の編集可能なコピーを作成します。親および子 Bot の特定のバージョンを公開リポジトリから非公開ワークスペースにチェックアウトして、Bot の編集可能なコピーを作成します。

前提条件

  • 非公開ワークスペースに Bot をチェックアウトするには、Bot Creator または シチズンディベロッパー のライセンスが必要です。
  • フォルダー レベルでチェックアウトの権限を持っている必要があります。
  • 依存関係フォルダーおよびファイルを含む Bot をチェックアウトするには、依存関係フォルダーのチェックアウト権限が必要です。
  • Bot Creator ユーザーが実行したチェックアウトをキャンセルまたは元に戻すには、公開ワークスペースで [チェックアウトをキャンセル] および [コンテンツを表示] の権限が必要です。

    非公開ワークスペースからチェックアウトされた Bot をキャンセルする場合には、[チェックアウトをキャンセル] 権限は必要ありません。

Bot をチェックアウトする場合、次の点に留意してください。

  • 相互に依存しないユニットとして複数の Bot をチェックアウトする場合は、メイン Bot を作成してから、このメイン Bot に依存関係としてその他の Bot を追加します。メイン Bot をチェックアウトします。
  • 一度に 1 人のユーザーのみが 1 ファイルをチェックアウトできます。ユーザーがファイルをチェックアウトすると、その他のユーザーがチェックアウトすることはできません。
  • 公開ワークスペースで依存関係が別のユーザーによってチェックアウトされている親 Bot をチェックアウトする場合、親 Bot の依存関係は非公開ワークスペースでクローンされます。
  • Bot がチェックアウトされている場合、削除できません。Bot は、削除されるにはチェックイン状態である必要があります。
  • チェックアウトした Bot を編集すると、ステータスが [チェックアウト・編集済み] に変わります。

    [編集を元に戻す] オプションを使用して、チェックアウトした Bot に加えた変更を元に戻すことができます。

  • クローンされた Bot は、チェックアウト時に上書きまたは置換できます。
  • 依存ファイルが他のユーザーによってチェックアウトされていて、Bot フォルダーに対する [クローン] 権限がある場合、自動的にクローンが作成されます。

手順

  1. Bot Creator または シチズンディベロッパー ユーザーとして、Control Room にログインします。
  2. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
  3. Bot を選択して、 依存関係のクローンを作成するか、チェックアウトするかを選択し、アクション メニュー (縦の 3 点リーダー) を開きます。
    注: Bot に複数のバージョンがある場合に、Bot の特定のバージョンを選択してチェックアウトできます。これにより、以前のバージョンの Bot にロールバックできます。
    • [はい、チェックアウト] をクリックして、Bot の最新バージョンをチェックアウトします。依存関係は自動的にクローンされます。
    • [詳細オプション] を選択して、親 Bot の特定のバージョンを選択し、チェックアウトする依存関係を追加または削除します。
      注: チェックアウトする依存関係を選択していない場合、デフォルトでは依存関係がクローンされます。

      [チェックアウト] をクリックします。

    Bot は、非公開ワークスペースの同じフォルダー構造に表示されます。Bot ファイルまたはフォルダーをチェックアウトすると、Bot ファイルまたはフォルダーにリンクされたすべての依存関係が、選択に応じてチェックアウトされるか、そのクローンが作成されます。
  4. チェックアウトした Bot をキャンセルするには、[TaskBot のチェックアウトをキャンセル] オプションをクリックします。
    このオプションは、公開ワークスペースまたは非公開ワークスペースから使用できます。
    公開ワークスペースでは、Bot ステータスが [公開] に変更され、適切な権限を持つ他のユーザーが Bot をチェックアウトできます。

    非公開ワークスペースで、Bot に変更が加えられた場合、Bot ステータスは [新規] に変わります。変更がない場合、Bot はクローンに置き換えられます。

フィードバックを送る