Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Linux での Control Room のサイレント アンインストールの実行

  • 更新済み: 2020/07/20
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Linux での Control Room のサイレント アンインストールの実行

サンプル スクリプトを使用して、Control Room の Unattended アンインストールを実行します。

前提条件

Automation 360 のインストール サーバーが Microsoft SQL Server データベースから切断されていることを確認します。

手順

  1. インストール サーバーにログインします。
  2. アンインストール プロセスを実行し、プロンプトに自動的に応答する LinuxUninstall.sh という名前のシェル スクリプトを作成します。
    sudo /opt/automationanywhere/enterprise/_Automation\ Anywhere\ Enterprise_installation/Change\ Automation\ Anywhere\ Enterprise\ Installation << EOF
    \n
    1
    \n
    EOF
  3. スクリプトを実行可能としてマークし、アンインストール処理を実行します。
    1. $ sudo chmod a+x LinuxUninstall.sh
    2. $ sudo ./LinuxUninstall.sh
      スクリプトが実行されます。
      ===============================================================================
      Automation Anywhere Enterprise                   (created with InstallAnywhere)
      -------------------------------------------------------------------------------
      Preparing CONSOLE Mode Uninstallation...
      
      ===============================================================================
      Uninstall Automation Anywhere Enterprise
      ----------------------------------------
      
      About to uninstall...
      
  4. アンインストールが完了したら、残りのファイルをすべて手動で削除します。
フィードバックを送る