Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot 間でデフォルトのパッケージ バージョンを更新する例

  • 更新済み: 2022/05/18
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

Bot 間でデフォルトのパッケージ バージョンを更新する例

この例では、Control Room リポジトリ内の既存の Bot を一括更新して、Excel の高度な操作 パッケージ の現在のデフォルト バージョンを使用する方法を紹介します。

前提条件

  • 管理者として Control Room にログインしていることを確認します。
  • Bot のチェックインおよびチェックアウト権限が必要です。
  • Bot は、パッケージ の現在のデフォルト バージョンと互換性があります。
  • Bot がチェックアウトされていないことを確認します。
  • パッケージ が無効になっていないことを確認します。
3 つのバージョンの Excel の高度な操作 パッケージ (5.0.0XXXXXXX, 6.7.0XXXXXXX, and 6.8.0XXXXXXX) および最初に作成された Bot が、Excel のデフォルトバージョン 6.7.0XXXXXXX を使用しているシナリオを考えてみます。その後、Excel の高度な操作 のデフォルト バージョンは 6.8.0 XXXXXXX に変更されます。デフォルトのパッケージのバージョンを 6.8.0XXXXXXX に設定して、Excel の高度な操作パッケージ を使用するアクセス権のあるすべての公開リポジトリ Bot が、現在のデフォルト バージョン 6.8.0 XXXXXXX を使用するように更新されるようにします。

手順

  1. [バージョンを比較] をクリックして、パッケージ の現在のバージョンを確認します。バージョンの比較ページが表示され、Bot の 2 つのバージョンが示されます。左側の列には以前のバージョンの Bot が表示され、右側の列には新しいバージョンの Bot が表示されます。
    バージョン 1 バージョン 2
    Excel の高度な操作 5.0.0 XXXXXXX Excel の高度な操作 6.7.0 XXXXXXX
  2. Excel の高度な操作 パッケージ を使用する公開リポジトリ内の Bot をすべてバージョン 6.8.0XXXXXXX にアップグレードします。
    1. [マネージ] > [パッケージ] に移動します。
    2. Excel の高度な操作 パッケージ を検索して開きます。
    3. パッケージ ページで、[バージョン] フィールドをクリックし、6.8.0XXXXXXX を選択します。
    4. [Bot をデフォルト バージョンに更新] をクリックします。
    5. [Bot をデフォルトのパッケージ バージョンに更新] ウィンドウが開いたら、次のフィールドに情報を入力します。
      • アクティビティ名: UpdatePackage_Excel_MS_6.8.0XXXXXXX
      • チェックイン時のコメント: Excel_MS_6.8.0XXXXXXX パッケージを使用した Bot の一括更新
    6. [Bot を更新] をクリックします。
    Bot がチェックアウトされ、パッケージのデフォルト バージョンが 6.8.0XXXXXXX に設定されます。
  3. パッケージ の更新の詳細については、[監査ログ] を参照してください。
    1. [監査ログ] > [要求された Bot へのデフォルト パッケージの更新] をクリックして、次の情報を表示します。
      • 要求の名前: UpdatePackage_Excel_MS_6.8.0 XXXXXXX
      • 変更済み内容: パッケージ バージョン
      • パッケージの名前: Excel_MS
      • パッケージ バージョン: 6.8.0XXXXXXX
    2. 次の詳細を表示するには、[デフォルト パッケージの Bot への更新が完了しました] をクリックします。
      • 要求の名前: UpdatePackage_Excel_MS_6.8.0XXXXXXX
      • 成功した Bot 数: 500
      • 失敗した Bot 数: 0
      • 変更済み内容: パッケージ バージョン
      • パッケージの名前: Excel_MS
      • 旧パッケージ バージョン: 該当なし
      Control Room には更新する Bot が 500 個あるため、一括更新プロセスには約 13 分かかります。
    3. イベント ログの詳細を表示してパッケージ更新の詳細を確認するには、Bot をクリックします。
      • パッケージの名前: Excel_MS
      • 旧パッケージ バージョン: 6.7.0XXXXXXX
      • 対象パッケージ バージョン: 6.8.0XXXXXXX
      • 旧 Bot バージョン: 2
      • 新 Bot バージョン: 3
  4. [履歴を表示] を選択して、一括更新によって作成された Bot の新しいバージョンの一括チェックイン メッセージを表示します。
    Version Number: 3
    Check in message: Bulk update of bots using package Excel_MS_6.8.0XXXXXXX
    Checked in: 1 minute ago
    Checked in by: ABC user
    Version Number: 2
    Check in message: Bulk update of bots using package Excel_MS_6.7.0XXXXXXX
    Checked in: 5 days ago
    Checked in by: ABC user
    
  5. [バージョンを比較] を選択して、更新されたパッケージの最新のデフォルトのバージョンを確認します。Excel の高度な操作 のパッケージ バージョンが 6.8.0XXXXXXX に更新され、すべての既存の Bot が、最新のパッケージ バージョン 6.8.0XXXXXXX を使用するように更新されます。
フィードバックを送る