Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

GET メソッドの使用

  • 更新済み: 2022/04/20
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

GET メソッドの使用

この例では、Swagger Petstore のサンプル API (https://petstore.swagger.io/) のエンドポイントを使用して、GET メソッド アクションで Petstore データベースからデータを取得する方法を説明します。
注: GET メソッド アクションは、リクエスト本文を受け取りません。

手順

  1. 新しい Bot を開きます。
    1. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    2. [新規作成] > [Bot] をクリックします。

    3. [TaskBot を作成] ウィンドウで、Bot 名を入力します。
    4. デフォルトのフォルダーの場所 [\Bots\] をそのまま使用します。
      Bot の保管場所を変更するには、[選択] をクリックしてプロンプトに従います。
    5. [作成して編集] をクリックします。
  2. [GET メソッド] アクション を使用して、在庫にあるすべてのペットのリストを取得します。
    1. [REST Web サービス] > [GET メソッド] アクション をダブルクリックまたはドラッグします。

    2. 以下の URI を入力します。
      https://petstore.swagger.io/v2/pet/findByStatus?status=available
    3. このエンドポイントでは認証が必要ないため、[認証モード] ドロップダウンで [認証なし] を選択します。
      注: 通常、エンドポイントでは、許可されたアプリケーションのみがデータにアクセスできるようにするため、認証が必要です。アクセス目標であるエンドポイントへのアクセスを許可するために、適切な認証メカニズムを選択します。
    4. [変数に出力を代入] フィールドで、変数 Output を作成します。変数作成の詳細については、「変数の作成」を参照してください。
  3. [ファイルに記録] アクション を挿入して、レスポンス本文を表示します。
    1. [ファイルに記録] アクション をダブルクリックするかドラッグします。
    2. テキスト ファイルのファイル パスを指定します。
    3. [テキストをログへ入力] フィールドに「$Output{Body}$」と入力します。
  4. [保存] をクリックして、[実行] をクリックします。
    Bot がレスポンス本文を取得し、テキスト ファイルに保存します。
フィードバックを送る