Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room と Git リポジトリとの統合

  • 更新済み: 2021/08/11
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Control Room と Git リポジトリとの統合

Control Room と Git を統合することで、公開ワークスペースにチェックインされた Control Roombots とリモート Git ファイル構造を 1 対 1 でマッピングできます。Git コミットを使用すると、セキュリティ、コンプライアンス、およびコード標準を適用し、組織で確立されているベスト プラクティスを bot 開発プロセスに適用できることが可能になります。

Control Room には、公開ワークスペースのファイル履歴を保存する Git リポジトリに接続されている Git クライアントがあります。bot 開発者が bot チェックインを実行するたびに、以下の処理が行われます。
  • bot と依存ファイルが公開ワークスペースにチェックインされます。
  • Control Room は、Git リポジトリ内の特定のチェックインのすべてのコンテンツを含むコミットを作成します。
  • チェックイン プロセスに入力されたコメントが Git コミット メッセージとして使用され、ユーザーの詳細が Git コミットの作成者として記録されます。
  • Bot 定義は、Git リポジトリ内の JSON ファイルとしてストアされます。
注: Git リポジトリは、他の Git クライアントではなく、Control Room への書き込みアクセスだけを持つように構成し

サポートされている Git リポジトリ

Control Room がリモート Git ホストでビルトインの Git リポジトリを複製し、Git push を使用して情報を同期するように設定できます。以下のソースは、Control Room との Git 統合で認定されています。
  • GitHub
  • BitBucket
  • Azure DevOps (クラウド)

Control Room とリモート Git ホストの間で HTTPS (ユーザー名とパスワード認証) を構成します。Control Room およびリモート Git ホストは、HTTPS 経由で標準の Git push プロトコルを使用してデータを送受信します。

ファイルをリモート Git ホストに公開すると、サードパーティの比較ツールおよび静的コード解析ツールを使用して、bot コードとファイルをレビューし、コンプライアンスの強化とセキュリティ標準の維持を図ることができます。

フィードバックを送る