Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[置換] アクション の使用

  • 更新済み: 2022/07/27
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

[置換] アクション の使用

[置換] アクション を使用して、ソース文字列からテキストを検索し、別のテキストに置き換えます。

正規表現は、検索パターンを定義する一連の文字です。たとえば、ソース文字列内のすべての E メール アドレスを検索するには、正規表現として次のように指定します: \b[A-Z0-9._%-]+@[A-Z0-9.-]+\.[A-Z]{2,4}\b
注: [置換] アクションは、Enter 変数を使用している場合に、文字列内のキャリッジ リターンとライン フィード (CRLF) 文字を置換しないことがあります。確実に文字を置換するには、Enter 変数の代わりに Newline 変数を使用します。

手順

指定した文字列のテキストを置換するには、次の手順に従います。

  1. アクション パレットで、[文字列] パッケージ の [置換] アクション をダブルクリックまたはドラッグします。
  2. [元の文字列] フィールドで元の文字列を指定します。
  3. [文字列を検索] フィールドで従属文字列を指定します。
  4. [検索時] フィールドで、次のいずれかのオプションを選択します。
    • 大文字と小文字を区別: テキストの大文字と小文字が区別されます。
    • 大文字と小文字を区別しない: テキストの大文字と小文字が区別されません。
  5. [検索文字列は次のとおりです] フィールドで、いずれかのオプションを選択します。
    • 正規表現: 従属文字列は正規表現です。
    • 非正規表現: 従属文字列は正規表現ではありません。
  6. オプション: [開始] フィールドで開始位置を指定します。
    その後、アクションはこのフィールドで指定した値から開始されます。たとえば、ソース文字列の [開始] フィールドで、「Big blue ocean」に対して 5 を指定すると、Bot の実行時に、先行する 4 文字 (スペース文字を含む「Big」) が無視され、「blue ocean」の部分文字列が検索されます。
  7. オプション: [カウント] フィールドで、見つかった文字列を置き換える回数を指定します。
    たとえば、ソース文字列「Big blue ocean, blue fish, blue sky」の最初の 2 つのインスタンスについて、「blue」を「green」に置き換えるとします。[カウント フィールドに 2、[開始] フィールドに 5、[置換する] フィールドに「green」と入力します。Bot が実行されると、アクション の出力は「green ocean, green fish, blue sky」となります。
    注: デフォルトでは [カウント] フィールドの値は -1 に設定されています。これは、見つかった文字列のすべてのインスタンスが置換されることを意味します。
  8. [置換する] フィールドで、文字列を交換するテキストを指定します。
  9. [出力を変数に代入] リストで、新しい文字列を保持する変数を指定します。
  10. [保存] をクリックします。
フィードバックを送る