Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ホット キー トリガーの追加

  • 更新済み: 2022/02/01
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • AARI
    • プロセス フロー

ホット キー トリガーの追加

あらかじめ定義されたキーの組み合わせをキーボードで使用すると、Bot が起動します。

この手順は、ユーザーがキーボードの Ctrl + L キーを押したときに Bot がトリガーされるシナリオを想定したものです。
注: ホット キー トリガーは、Attended および Unattended の両方の Bot Runner ライセンスでサポートされています。ただし、ホット キー トリガーは、関連付けられた既定のデバイスへのアクセス権を持ち、あらかじめ定義されたキーを使用する Unattended Bot Runner ユーザーに対してのみ機能します。

手順

  1. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
    使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
  2. [新規作成] > [Bot] をクリックします。
  3. Bot の名前を入力します。
    すべての Bot\Bots フォルダーに保存されます。(任意) フォルダーを変更するには、[参照] をクリックします。
  4. [作成と編集] をクリックします。
  5. Bot ビルダー ページで、[トリガー] > [ホット キー] の順にクリックします。
  6. [ホット キー トリガー] を [ここにトリガーをドラッグ] にドラッグします。
  7. [Ctrl] をクリックして、使用可能なキー修飾子から [ホット キー] として設定します。
  8. ドロップダウン メニューを使用して、キーボードの [L] を選択します。
    [ホット キー] フィールドには、Bot をトリガーするキーの組み合わせが表示されます。
  9. [適用] をクリックします。
  10. [実行] > [トリガーで実行] をクリックします。
    キーボードで Ctrl キーと L キーを使用すると、Bot がトリガーされます。
フィードバックを送る