Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アーキテクチャ図

  • 更新済み: 2022/01/03
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • 概要
    • Digitize

アーキテクチャ図

この図には、IQ Bot アーキテクチャのさまざまなコンポーネントが示されています。

IQ Bot、コンポーネント、Designer検証ツール は、それぞれ Bot の設計や検証に使用します。一般的なシナリオでは、IQ Bot ポータルや IQ Bot プラットフォームは、ネットワーク ファイアウォールとロード バランサーを介して通信します。

データ センター コンポーネントを含む IQ Bot アーキテクチャ

これらの異なるコンポーネント間の通信には、さまざまなプロトコルが使用されます。データベース サーバー、ファイル ストレージ サーバー、および IQ Bot 用のサーバーが使用されます。組織には、データベース専用サーバーを使用したり、Control Room クラスター データベースを使用したりする柔軟性があります。ファイアウォールは、外部コンポーネント、Web ブラウザと Bot Runner、およびデータ センターのロード バランサーの間にあります。Chrome はサポート対象ブラウザです。

フィードバックを送る