Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot エージェント の自動ログイン サポート

  • 更新済み: 2022/03/24
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

Bot エージェント の自動ログイン サポート

自動ログインにより自動的にデバイスにログオンして、スケジュールされた自動化を実行し、自動化の実行後にデバイスを元のロック状態またはログオフ状態に戻します。

自動ログインは、以下のシナリオではデバイスを元の状態に戻します。
  • Control Room またはデバイスから自動化が停止または一時停止された場合。これにより、自動化が一時停止または停止してもマシンのセキュリティが危険にさらされることはありません。
    注: 自動化が再開されると、自動化はロックされたデバイスのバックグラウンドで引き続き実行されます。
  • 自動化の実行中にエラーが発生した場合。

自動ログイン サポート: オペレーティング システム

Bot エージェント デバイスでの自動ログインに固有のオペレーティング システム サポートを確認します。

以下のシナリオは、ローカルの Windows 10 デバイスと仮想マシンにのみ適用され、サポートされます。

SID 番号 シナリオ
1 ユーザー セッションが確立されていません (ユーザーはログインしていません)
2 ユーザー セッションが確立されました
3 ユーザーがログインしましたが、画面がロックされました
4 別のユーザー (デプロイに使用したデバイス ログイン ユーザーではない) がログインしています
5 別のユーザーがログインし、画面をロックしています
6 ユーザーの高速切り替え

以下のシナリオは、Windows Server 2019、Windows Server 2016 R2、Windows Server 2012 R2、Windows 10、8、および 7 に適用され、サポートされます。