Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

イベント トリガーを Bot Runner にリンク

  • 更新済み: 1/27/2021
    • Automation 360 v.x
    • マネージ|管理
    • RPA Workspace

イベント トリガーを Bot Runner にリンク

Control Room 管理者は、ユーザーまたはロールを bot に関連付けることで、イベント トリガーを追加できます。これにより、指定したイベントを実行する際に bot をトリガーできます。

前提条件

このタスクは Control Room 管理者が実行します。このタスクを完了するには、十分な権利と権限が必要です。Control Room に管理者としてログインされます。

Bot Creator ライセンスを持つユーザーが bot を作成し、リポジトリでそれをチェックすると、bot[パブリック] ワークスペースで使用できます。Control Room 管理者はイベント トリガーを追加できます。

Recommendation: トリガーは、Attended Bot Runner ライセンスを持つユーザーにのみ関連付けてください。Unattended Bot Runner ライセンスを持つユーザーを含める場合、デフォルトのデバイスのログイン資格情報を指定する必要があります。

手順

  1. [Bot] > [マイ Bot] に移動します。
  2. [Bot を実行] をクリックします。
  3. [イベント トリガーで実行] をクリックします。
  4. bot を選択してください。
  5. 右矢印 () をクリックして、選択を追加します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. 以下のいずれかを選択し、bot にリンクさせます。
    オプション説明
    ロール 作成したカスタム ロールを選択します。
    [ユーザー] このカスタム ロールに関連付けられている Bot Runner (Attended または Unattended) ユーザーを選択します。
  8. [イベント トリガーの追加] をクリックします。
Bot Runner ユーザーが Control Room にログインし、トリガー イベントを実行すると、bot がデプロイされます。
イベント トリガーを起動するには、Bot Runner (Attended または Unattended) ユーザーが Control Room にログインし、そのイベント トリガーがアクティブになった後にログアウトする必要があります。イベント トリガーは、次のいずれかの変更が発生するまで動作を続けます。
  • 関連付け bot がパブリック ワークスペースから削除された。
  • リンクされた Bot Runner ユーザー アカウントが削除された。
  • デフォルトのデバイスがログオフまたはシャットダウンされた。
フィードバックを送る