Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

AISense Recorder を使用したタスクの記録

  • 更新済み: 2021/08/02
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

AISense Recorder を使用したタスクの記録

AISense Recorder を使用して、リモート アプリケーションまたは複雑なユーザー インターフェース (UI) のアプリケーションでエンド ツー エンドのタスクを記録します。

前提条件

  • ブラウザを使用してタスクを自動化する場合は、そのブラウザの自動入力が無効になっていることを確認してください。
  • 画面解像度は 1,980 x 1,080 以下に設定する必要があります。
  • デバイスのディスプレイ設定を 100% DPI に設定してください。
  • Automation 360 オンプレミス を使用している場合は、AISense Recorder パッケージControl Room に追加されていることを確認してください。

AISense Recorder がアプリケーションからキャプチャできるのは、テキスト ボックス、ボタン、ラジオボタン、コンボ ボックス、テーブル、チェックボックス、アクティブ テキストとパッシブ テキスト、画像ボタン、スクロール、およびコンボ ボックスの各オブジェクトです。

タスクの記録中は、以下の点に留意してください。

  • タスクは低速で記録してください。
  • 記録プロセス中はウィンドウをドラッグしないでください。
  • 記録と自動化のプロセスに含めないアプリケーションは、クリックしないでください。

手順

AISense Recorder を使用してタスクを記録するには、次の手順に従います。

  1. Automation Anywhere Web インターフェース左側のペインで、[オートメーション] をクリックします。
  2. タスクを記録する Bot を新規作成するか、既存の Bot を開きます。
  3. [記録を開始] をクリックします。
    注: バージョン 2.0.9-20201105-164103 以降では、レコーダー パッケージ には ユニバーサル レコーダー および AISense Recorder の両方が含まれています。

    統合された レコーダー

    [Automation Anywhere レコーダー] ウィンドウが表示されます。
  4. ドロップダウン リストからウィンドウを選択します。
    最近開いたアプリケーションがリストに表示されていない場合は、[更新] アイコンをクリックしてください。
  5. AISense Recorder をクリックします。
    デバイスで初めて AISense Recorder を使用する場合、レコーダー は必要な依存関係をダウンロードします。
    [レコーダー] ツールバーには、[完了]、[スキャン]、[定義]、および [一時停止] の各オプションが表示されます。

    レコーダー は、選択したアプリケーション ウィンドウを分析し、そのウィンドウ内の UI オブジェクトを特定します。アプリケーション ウィンドウの分析中は、ツールバーのオプションが無効になります。分析後、オプションが有効になり、タスクの記録を開始できます。

  6. 記録する アクション を実行します。たとえば、ボタンのクリック、フォームの入力、オプションの選択などを実行します。
    オブジェクトに対して アクション を実行するには、そのオブジェクトにマウス ポインターを移動します。オブジェクトと、それに関連付けられたテキストがハイライトされます。たとえば、ボタンまたはチェックボックスの上にマウス ポインターを移動すると、そのボタンまたはチェックボックスに関連するテキストもハイライトされてキャプチャされます。
    • オブジェクトがハイライトされていない場合は、記録ツールバーで [スキャン] オプションをクリックしてください。アプリケーション ウィンドウの分析が完了したら、必要なオブジェクトをキャプチャできます。
    • リストからオプションをキャプチャする場合は、リストをクリックして、オプションを含むボックスの周囲がハイライトされるまで待ちます。ボックスがハイライトされたら、キャプチャするオプションの上にマウス ポインターを移動して、オプションがキャプチャされるまで待ちます。
    • アプリケーション ウィンドウでスクロールを使用する場合は、[スキャン] をクリックして、ウィンドウ上の新しいオブジェクトを分析する必要があります。
    • オブジェクトの上にマウスを置いたときにのみ表示されるオブジェクトとのインタラクションを記録する場合は、「隠しオブジェクトを手動で検出」を参照してください。
    [レコーダー] ウィンドウには、記録された操作の数と、最後にキャプチャされたオブジェクトの説明が表示されます。たとえば、「5」と表示されます。[送信] ボタンを左クリックします
    前のオブジェクト キャプチャをやり直すには、[レコーダー] ウィンドウの右下にある [削除] アイコンをクリックして、最新のキャプチャを破棄します。
    安全な記録モードが有効になっている場合、赤い記録アイコンの右側にシールド アイコンが表示されます。

    安全な記録モード

  7. 必要なすべてのオブジェクトのキャプチャが完了したら、[完了] をクリックします。
    操作ごとに [キャプチャ] アクション が生成されます。
    該当する場合、[レコーダー] が変数を生成します。自分で作成した変数 (ユーザー定義)
  8. アクション を編集するか、[保存] をクリックします。

隠しオブジェクトを手動で検出

オブジェクトの上にマウスを置いたときのみオブジェクトが表示される場合、オブジェクト タイプと位置を、最も近いテキストにアンカーして手動で指定する必要があります。

  1. オブジェクトをワンクリックします。
  2. [定義] を