Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot のチェックイン

  • 更新済み: 2021/06/09
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

Bot のチェックイン

プライベート ワークスペースからパブリック ワークスペースに タスク Bot ファイルまたはフォルダーをチェックインして、タスク Bot へのアクセスおよびの実行権限を持つすべてのユーザーがファイルまたはフォルダーを使用できるようにします。

前提条件

  • Bot Creator ライセンスが必要です。
  • 次の権限を持つカスタム ロールを割り当てる必要があります。
    • 必須: パブリック ワークスペースのフォルダー レベルおよび対応する親フォルダー レベルのチェックイン権限。
    • 任意: フォルダー作成権限。
    • 任意: パッケージの表示権限。
  • 依存フォルダーとファイルを持つ Bot をチェックインするには、以下があることを確認します。
    • フォルダー作成権限。

      プライベート ワークスペースから Bot をチェックインする場合で、 Bot が存在するフォルダーがパブリック ワークスペースにまだ存在しない場合、 Bot を正常にチェックインするには、フォルダーの作成権限が必要です。

    • 依存フォルダーのチェックイン権限。
  • プライベート ワークスペースから Bot をチェックインするときに、パブリック ワークスペースの同じフォルダー構造に表示されるように、プライベート ワークスペースとパブリック ワークスペースのフォルダー構造が同じであることを確認します。
  • たとえば、プライベート ワークスペースのサンプル Bot フォルダーから Bot をチェックインすると、パブリック ワークスペースのサンプル Bot フォルダーに表示されます。

相互に依存しないユニットとして複数の Bot をチェックインする場合は、メイン Bot を作成してから、このメイン Bot に依存関係としてその他の Bot を追加します。メイン Bot をチェックインします。

手順

  1. Bot Creator ユーザーとして、Control Room にログインします。
  2. プライベート ワークスペースで、Bot > Bot の順にクリックします。
    [Bot] ページに、Bot を含むフォルダーまたはファイルのリストが表示されます。
  3. チェックインする Bot を選択し、アクション メニュー (縦の 3 点リーダー) をクリックして、[TaskBot をチェックイン] をクリックします。
  4. [TaskBot をチェックイン] ウィンドウで、コメントを追加し、チェックインする依存関係を選択して、[チェックイン] をクリックします。
    Bot は、パブリック ワークスペースの同じフォルダー構造に表示されます。直接参照される依存関係は自動的にチェックインされます。
    注:
    • パブリック ワークスペースの同じ場所に別の タスク Bot ファイルがすでに存在する場合は、タスク Bot ファイルをチェックインできません。
    • クローンされた Bot とともに Bot をチェックインし、かつそのクローンに依存している Bot が他にない場合、クローンされた Bot は削除されます。

Bot のチェックインに問題がある場合は、Unable to check-in the bots in Automation 360 (A-People login required) を参照してください。

フィードバックを送る