Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ラーニングインスタンスのマネージ

  • 更新済み: 2022/04/26
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

ラーニングインスタンスのマネージ

ラーニングインスタンスは、単一のドキュメント タイプ (請求書など) のデータを記述する IQ Bot 構造です。ドキュメントで使われている言語や、抽出するフィールドなどの情報が含まれています。

ラーニングインスタンスは、ステージング モードと本番環境モードのいずれかです。これらのモードにより、ラーニングインスタンスが下書きであるかライブ バージョンであるかが決まります。

ステージング

ステージング モードでは、ラーニングインスタンスの作成と編集、サンプル ドキュメントのアップロード、アップロードしたサンプル ドキュメントからデータを抽出するための Bot のトレーニングを行うことができます。本番環境にデプロイされる前にラーニングインスタンスおよび Bot のテストを行って、精度を向上させることができます。

注: ステージング モードのラーニングインスタンスによって生成されるデータは、サンプル ドキュメントに基づいているため、本番環境モードのラーニングインスタンスに関するデータとは別個に保管されます。たとえば、サンプル ドキュメントは組織の購入済みページ数にはカウントされません。詳細については、「ダッシュボードの確認」を参照してください。
本番環境
本番環境モードでは、ラーニングインスタンスが実際のビジネス ドキュメントを自動的に処理して、データを抽出し、手動での検証が必要なドキュメントを検証キューに送ることができます。

ラーニングインスタンスがどのモードであるかを調べるには、[ラーニングインスタンス] タブに移動します。ここでは、[ラーニングインスタンス] ページに環境内のラーニングインスタンスが表示されます。各ラーニングインスタンスの [アクション] 列にはトグルがあり、ステージング (トグルを左にするとグレーになります) か本番環境 (トグルを右にするとオレンジになります) かが示されます。

トグルをステージング モードにしたラーニングインスタンスとトグルを本番環境モードにしたラーニングインスタンス

ラーニングインスタンスのモードに応じて、IQ Bot 関与するユーザータイプが異なります。たとえば、ステージング モードでは、データ エンジニアがラーニングインスタンスを作成し、Bot ビルダーがサポート側 RPA Bot をビルドです。本番環境モードでは、IQ Bot が処理できなかったドキュメントのフィールドをバリデーターが手動で修正します。各ユーザーが IQ Bot にどのように関与するかについての詳細は、「IQ Bot プロセスの概要」を参照してください。

ラーニングインスタンスのライフサイクル

別個の開発環境、テスト環境、本番環境を持つ従来の DevOps のワークフローに関して言えば、ステージング モードと本番環境モードは、IQ Bot 環境から独立しています。ラーニングインスタンスは、開発ライフサイクルのどの環境においても、どちらのモードになることもできます。
注: ラーニングインスタンスを転送しても、エクスポートされたモードのままです。たとえば、開発環境からステージング モードのラーニングインスタンスをエクスポートし、テスト環境にインポートしても、ラーニングインスタンスはステージング モードのままであり、ドキュメント処理を自動的に行うことはありません。

次の図は、ラーニングインスタンスの一般的なライフサイクルを示しています。

ラーニングインスタンスのライフサイクルの概要

移行ユーティリティを使用することで、環境間でラーニングインスタンスを移行することができます。これにより、類似のラーニングインスタンスを再作成する必要がなくなり、関連する Bot. のライフサイクルをより適切に管理できるようになります。詳細については、「ラーニングインスタンスの移行」を参照してください。

フィードバックを送る