Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room の API

  • 更新済み: 2022/05/24
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace
    • API ドキュメント

Control Room の API

Automation Anywhere Control Room は、ユーザー (およびユーザーの Bot) が Automation Anywhere とやり取りする方法をカスタマイズできる API を提供しています。 Control Room API により、Bot のデプロイの管理、資格情報 Vault での資格情報の作成と管理、ユーザー アカウントとロールの作成と管理、キューの作成と管理などのタスクを実行できます。

Control Room API の使用を開始

Control Room API は HTTP で構築され、GET、POST、PUT、DELETE というメソッドを持つ REST API を使用します。すべてのリクエストには X-Authorization ヘッダーと JSON 認証トークンを含める必要があります。

注: Community EditionControl Room APIs を表示できますが、API 機能は制限されています。API のすべての機能にアクセスするには、Automation 360 のライセンス版が必要です。

Swagger と Postman で Control Room API をテストする方法については、次のビデオをご覧ください。

Control Room は複数の API クライアントをサポートしており、Control Room API を詳しく見ることができます。Postman をダウンロードしてインストールし、https://www.postman.com/collections/bb5cd3541d29e192cd43 をクリックして Control Room API コレクションをダウンロードします。。各 API の詳細なドキュメントについては、以下のリンクをご覧ください。