Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

デスクトップ アプリケーションを使用する基本的な Bot のビルド

  • 更新済み: 2022/07/25
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

デスクトップ アプリケーションを使用する基本的な Bot のビルド

カリキュレーターが開いていることを確認する条件付きステートメントを使用してから、2 つの数字を乗算するカリキュレーターを使用する Bot をビルドします。この例では、アプリケーションIfキーストロークのシミュレーションメッセージ ボックス、および ウィンドウ パッケージアクション を使用します。

前提条件

Bot をビルドするには、以下の項目を実行済みである必要があります。

手順

  1. 新しい Bot を開きます。
    1. 左側のペインで [オートメーション] をクリックします。
      使用可能な Bot とフォームのリストが表示されます。
    2. [新規作成] > [Bot] をクリックします。
    3. Bot 名を入力し、[作成と編集] をクリックします。
  2. カリキュレーターが開いていることを確認し、ウィンドウをアクティブにする条件シーケンスを挿入します。
    1. [If] アクション をダブルクリックまたはドラッグします。
    2. [条件] ドロップダウン リストから [ウィンドウが存在する] を選択します。
    3. [アプリケーション] タブを選択し、更新アイコンをクリックすると、開いているアプリケーションがすべて表示されます。
    4. [ウィンドウ] ドロップダウン リストから [カリキュレーター] を選択します。
      [カリキュレーター] ウィンドウは変数 window-1 に保存されます。
    5. [メッセージ ボックス] アクション を [If] コンテナにドラッグします。
    6. [表示するメッセージを入力] フィールドに「カリキュレーターが実行中です」と入力します。
    7. [ウィンドウ] > [アクティブ化] アクション を [メッセージ ボックス] アクション の下にある [If] コンテナにドラッグします。
    8. [ウィンドウ] フィールドに window-1 変数を挿入します。
  3. カリキュレーターを開く代替のシーケンスを挿入します。
    1. [If] > [Else] アクション をダブルクリックします。
    2. [Else] コンテナに、[メッセージ ボックス] アクション をドラッグします。
    3. [表示するメッセージを入力] フィールドに、「カリキュレーターが実行されていません」と入力します。
    4. [アプリケーション] > [プログラム/ファイルを開く] アクション を [メッセージ ボックス] アクション の下にある [If] コンテナにドラッグします。
    5. [プログラム/ファイルの場所] フィールドに「C:\Windows\System32\calc.exe」と入力します。
  4. [キーストロークのシミュレーション] アクション を挿入して、計算を実行します。
    1. [If] コンテナと [Else] コンテナの下に [キーストロークのシミュレーション] アクション をドラッグします。
    2. [ウィンドウ] フィールドに window-1 変数を挿入します。
    3. [キーボード操作] フィールドに、「5*5=」と入力します。
    4. [遅延] フィールドに「500」と入力します。
  5. [保存] をクリックして Bot を保存します。
  6. Bot を実行します。
    Bot を実行すると、「カリキュレーターが実行されていません」というメッセージが表示され、その後 [カリキュレーター] ウィンドウが開き、計算が実行されます。
  7. 再度 Bot を実行します。
    Bot を実行すると、「カリキュレーターが実行中です」というメッセージが表示され、その後 [カリキュレーター] ウィンドウがアクティブ化されて、計算が実行されます。
Bot によって一部の数値がカリキュレーターに入力されない場合は、キーボード操作の遅延時間を長めに設定してください。
フィードバックを送る