Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

App Integration package

  • 更新済み: 2021/01/26

    App Integration package

    ウィンドウからテキストを抽出して文字列変数に保存するには、App Integrationpackageactionsを使用します。

    App Integrationpackageは、以下のテクノロジーをサポートしています。

    • Cygwin、PowerShell、GIT シェルなどの UNIX シェル
    • 電卓、コマンド プロンプト、メモ帳などの Windows アプリケーション
    App Integrationpackageactionsはレガシー テクノロジーに基づいているので、特定のアプリケーションに一定の制限があります。アプリケーションとブラウザからデータをシームレスに取得するには、Recorder パッケージを使用します。

    App Integrationpackageactionsを使用した bots の構築

    1. [アプリケーション] > [プログラム/ファイルを開く] を使用してテキストをキャプチャするアプリケーションまたはファイルを開きますaction

      Application package

    2. App Integrationpackageactionsの 1 つを使用してテキストを抽出します。
    3. キャプチャしたテキストを操作するには、Stringpackageの以下のいずれかのactionsを使用します。
      • [テキストを抽出]: 論理演算子を使用してソース文字列からテキストを抽出します。
      • [分割]: 文字列を複数の文字列に分割し、出力をリスト変数に格納します。
      • [トリム]: 文字列から空白とホワイト スペースを削除します。

      文字列 package

    [App Integration] package内のActions

    [App Integration] package には以下のactionsが含まれます。

    Action 説明
    領域のキャプチャ ウィンドウのキャプチャされた領域からテキストを抽出して文字列変数に保存します。
    • [ウィンドウ] フィールドでオプションを選択します: [アプリケーション]、[ブラウザ]、または [変数] タブから選択します。
      • 申請: ブラウザ ウィンドウを含む、現在 Bot Creator デバイスで開いているウィンドウのリストから選択します。
      • [ブラウザ]: Google Chrome タブのリストから選択します。
      • [変数]: 既存のウィンドウ変数を選択して、アプリケーション ウィンドウ タイトルのタイトルを指定します。
    • [ウィンドウ タイトル] フィールドにワイルドカード文字 (*) を挿入して、変更可能なウィンドウ タイトルを検索します。

      正規表現 (regex) を使用して、ウィンドウ タイトルを識別できます。各正規表現条件の [文字列] または [パターン] として正規表現を選択し、値を入力します。デフォルトでは、[ウィンドウ タイトル] フィールドで大文字と小文字が区別されます。[大文字と小文字を区別しない] 正規表現フラグを有効にして、大文字と小文字を区別しないウィンドウ タイトルを識別できます。

      たとえば、((\w*)-Notepad で始まるすべてのウィンドウ タイトル名には ((\w*)-Notepad として文字列値を入力できます。または、((\w)\s)*document-Notepad といったパターンを使用すると、このパターンに一致するウィンドウ タイトルのみに絞り込むことができます。

    • オプション: [ウィンドウのサイズ変更] オプションを選択して、ウィンドウの寸法を指定します。

      このオプションによって、より信頼性の高い bot を実現できます。これによってウィンドウのサイズは、タスクが記録されたディメンションに変更されるため、Bot におけるターゲット オブジェクトの識別能力が高まります。

    • [領域のキャプチャ] をクリックして、キャプチャする領域を選択します。
    • [キャプチャしたテキストを変数に保存] フィールドで文字列変数を選択します。
    [スクロール可能なテキストをキャプチャする] 指定のウィンドウからスクロール可能なテキストをキャプチャします。
    • [ウィンドウ] フィールドでオプションを選択します: [アプリケーション]、[ブラウザ]、または [変数] タブから選択します。
      • 申請: ブラウザ ウィンドウを含む、現在 Bot Creator デバイスで開いているウィンドウのリストから選択します。
      • [ブラウザ]: Google Chrome タブのリストから選択します。
      • [変数]: 既存のウィンドウ変数を選択して、アプリケーション ウィンドウ タイトルのタイトルを指定します。
    • [ウィンドウ タイトル] フィールドにワイルドカード文字 (*) を挿入して、変更可能なウィンドウ タイトルを検索します。

      正規表現 (regex) を使用して、ウィンドウ タイトルを識別できます。各正規表現条件の [文字列] または [パターン] として正規表現を選択し、値を入力します。デフォルトでは、[ウィンドウ タイトル] フィールドで大文字と小文字が区別されます。[大文字と小文字を区別しない] 正規表現フラグを有効にして、大文字と小文字を区別しないウィンドウ タイトルを識別できます。

      たとえば、((\w*)-Notepad で始まるすべてのウィンドウ タイトル名には ((\w*)-Notepad として文字列値を入力できます。または、((\w)\s)*document-Notepad といったパターンを使用すると、このパターンに一致するウィンドウ タイトルのみに絞り込むことができます。

    • オプション: [ウィンドウのサイズ変更] オプションを選択して、ウィンドウの寸法を指定します。

      このオプションによって、より信頼性の高い bot を実現できます。これによってウィンドウのサイズは、タスクが記録されたディメンションに変更されるため、Bot におけるターゲット オブジェクトの識別能力が高まります。

    • [座標をキャプチャ] をクリックして、ウィンドウの座標またはウィンドウ内の特定の領域をキャプチャします。
    • [キャプチャしたテキストを変数に保存] フィールドで文字列変数を選択します。
    [ウィンドウのテキストをキャプチャ] ウィンドウからすべてのテキストを抽出して文字列変数に保存します。
    • [ウィンドウ] フィールドでオプションを選択します: [アプリケーション]、[ブラウザ]、または [変数] タブから選択します。
      • 申請: ブラウザ ウィンドウを含む、現在 Bot Creator デバイスで開いているウィンドウのリストから選択します。
      • [ブラウザ]: Google Chrome タブのリストから選択します。
      • [変数]: 既存のウィンドウ変数を選択して、アプリケーション ウィンドウ タイトルのタイトルを指定します。
    • オプション: [ウィンドウのサイズ変更] オプションを選択して、ウィンドウの寸法を指定します。

      このオプションによって、より信頼性の高い bot を実現できます。これによってウィンドウのサイズは、タスクが記録されたディメンションに変更されるため、Bot におけるターゲット オブジェクトの識別能力が高まります。

    • [キャプチャしたテキストを変数に保存] フィールドで文字列変数を選択します。
    フィードバックを送る