Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アプリ統合 パッケージ

  • 更新済み: 2022/09/15
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

アプリ統合 パッケージ

ウィンドウからテキストを抽出し、アプリ統合 パッケージアクション を使用して文字列変数に保存します。

この アプリ統合 パッケージ は、以下のテクノロジーをサポートしています。

  • Cygwin、PowerShell、GIT シェルなどの UNIX シェル
  • 電卓、コマンド プロンプト、メモ帳などの Windows アプリケーション
  • Standard Widget Toolkit および Abstract Window Toolkit をベースとする、Windows のテキスト描画 API を使用してテキストを描画できる Java アプリケーション
この アプリ統合 パッケージアクション はレガシー テクノロジーに基づいているので、特定のアプリケーションに一定の制限があります。アプリケーションとブラウザからデータをシームレスに取得するには、レコーダー パッケージ を使用します。

アプリ統合 パッケージアクション を使用した Bot のビルド

  1. [アプリケーション] > [プログラム/ファイルを開く] アクション を使用してテキストをキャプチャするアプリケーションまたはファイルを開きます。

    アプリケーション パッケージ

  2. アプリ統合 パッケージ のいずれかの アクション を使用してテキストを抽出します。
  3. キャプチャされたテキストを操作するには、文字列 パッケージ の以下のいずれかの アクション を使用します。
    • テキストを抽出: 論理演算子を使用して元の文字列からテキストを抽出します。
    • 分割: 文字列を複数の文字列に分割し、出力をリスト変数に格納します。
    • 削除: 文字列から空白とホワイト スペースを削除します。

    文字列 パッケージ

アプリ統合 パッケージアクション

アプリ統合 パッケージ には以下の アクション が含まれています。

アクション 説明
[領域をキャプチャ] ウィンドウのキャプチャされた領域からテキストを抽出して文字列変数に保存します。
  • [ウィンドウ] フィールドでオプションを選択します。[アプリケーション]、[ブラウザ]、または [変数] タブから選択します。
    • アプリケーション: ブラウザ ウィンドウなど、Bot Creator デバイスで現在開いているウィンドウのリストから選択します。
    • ブラウザ: 対応ブラウザ タブのリストから選択します。
      注: このオプションは、Google Chrome、Chromium ベースの Microsoft Edge、および Internet Explorer ブラウザをサポートします。
    • 変数: 既存のウィンドウ変数を選択して、アプリケーション ウィンドウのタイトルを指定します。
  • [ウィンドウ タイトル] フィールドでワイルドカード文字 (*) を挿入することで、さまざまなウィンドウ タイトルを検索できます。

    正規表現 (regex) を使用して、ウィンドウ タイトルを識別できます。各正規表現条件の [文字列] または [パターン] として正規表現を選択し、値を入力します。デフォルトでは、[ウィンドウ タイトル] フィールドで大文字と小文字が区別されます。[大文字と小文字を区別しない] 正規表現フラグを有効にして、大文字と小文字を区別しないウィンドウ タイトルを識別できます。

    たとえば、((\w*)-Notepad で始まるすべてのウィンドウ タイトル名には ((\w*)-Notepad として [文字列] 値を入力できます。または、((\w)\s)*document-Notepad といった [パターン] を使用すると、このパターンに一致するウィンドウ タイトルのみに絞り込むことができます。

  • 任意: [ウィンドウのサイズ変更] オプションを選択して、ウィンドウの寸法を指定します。

    このオプションによって、より信頼性の高い Bot を実現できます。これによってウィンドウのサイズは、タスクが記録された寸法に変更されるため、Bot におけるターゲット オブジェクトの識別能力が高まります。

  • [領域をキャプチャ] をクリックして、キャプチャする領域を選択します。
  • [キャプチャしたテキストを変数に保存] フィールドで文字列変数を選択します。
Capture scrollable text Captures scrollable text from the specified window.
  • [ウィンドウ] フィールドでオプションを選択します。[