Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

タスク Bot パッケージ

  • 更新済み: 2022/01/19
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

タスク Bot パッケージ

タスク Bot パッケージの [実行]、[一時停止]、[停止] アクションを使用して、1 つ以上の子 Bot の実行を親 Bot から管理したり、API を使用しているサードパーティ ソフトウェアで管理したりできます。

単一のタスクを自動化する小規模な Bot を構築して、親 Bot から実行します。たとえば、Login の子 Bot をビルドして、ユーザー名とパスワードを Web フォームに入力し、[送信] をクリックします。Login の子 Bot が親 Bot から資格情報を受け入れて、成功メッセージを返すと、親 Bot は後続の CreateInvoiceBot を呼び出すことができます。Login の子 Bot には、資格情報が正しくない場合のエラー処理ロジックも含める必要があります。

このように小規模な自己完結型 Bot をビルドすることで、ユーザーはより多くのタスクで Bot のロジックを再利用できるようになり、エラー処理とトラブルシューティングが容易になります。また、Bot のビルドとメンテナンスにかかる時間も短縮されます。その結果、組織はオートメーション イニシアチブを迅速に拡張できます。この例における Login の子 Bot は、Web サイト上のログイン ページに資格情報を提供するタスクに再利用できます。

停止を選択するまで自身を繰り返し呼び出す タスク Bot を実行すると、その Bot は無限に実行され、その結果、スタック メモリの問題に関連するエラーが発生します。親と子の Bot は異なる名前で作成し、親 Bot から子 Bot を実行することをお勧めします。

注:
  • CSV/テキスト ファイルおよびレコーダー セッションは、Bot で共有できません。Excel セッションは、セッション変数を使用することで Bot で共有できます。「Bot 間で Excel セッションを共有する例」を参照してください。
  • タスクを実行 でファイル型変数を使用する場合は、変数にデフォルト値を設定していることを確認します。デフォルト値が存在しないと、Bot は実行時にエラーを表示します。

さらに、子 Bot を親 Bot から実行することで、以下のようにデータを詳細に管理できます。

  • ユーザーは、次のオプションから選択して子 Bot の変数を構成し、情報を交換できる方向を制御できます。
    • [入力として使用]: 変数は、子 Bot が親 Bot またはサードパーティ ソフトウェアから受け取る値を維持します。
    • [出力として使用]: 変数は、子 Bot が親 Bot またはサードパーティ ソフトウェアに渡す値を維持します。
    • [両方]: 値は両方方向に渡すことができます。
    • [どちらも不可]: 変数は、この Bot に限定され、その他の Bot と共有することはできません。
    変数の作成」を参照
  • その他のユーザーは、コンテンツを表示せずに子 Bot を再利用できます。

タスク Bot パッケージ には以下の アクション が含まれています。

アクション 説明
一時停止 実行中の Bot を一時停止します。データの変更や、関連するコンポーネントのステータス検証には、[一時停止] アクションを使用します。

実行中に Bot が [一時停止] アクションに到達すると、[再開] ボタンが表示されます。[再開] をクリックすると、Bot が次の アクション に進みます。

実行

選択したタスクを、指定した回数または時間数にわたって複数回実行します。タスクは、ユーザーが停止を選択するまで繰り返すことができます。出力値はディクショナリ変数に保存できます。ディクショナリの各キーは、変数名と子 Bot からの対応する値です。Or, you can map each dictionary key to a variable to store the corresponding value.

注: 依存関係を持つ タスク Bot を作成する場合、親と子 Bot の両方が同じワークスペース (公開または非公開) にあることを確認します。非公開 Bot から公開 Bot を呼び出すことはできません。そのためには、最初に非公開ワークスペースに公開 Bot をチェックアウトするかクローンを作成してから、両方の Bot を公開ワークスペースにチェックインする必要があります。
[実行] アクション の使用」を参照してください。

[実行] アクション の使用例」の例を参照してください。

停止 実行中の Bot を停止します。

たとえば、特定の条件が満たされた場合 (Bot が 100 MB 超えのファイルに遭遇した場合など) に、[停止] アクションを使用して Bot を停止できます。

フィードバックを送る