Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ライセンスのマネージ

  • 更新済み: 2022/03/22
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace
    • 概要

ライセンスのマネージ

Automation Anywhere Control Room は、複数の Control Room インスタンスでライセンス ソフトウェアの使用状況を追跡する自動メカニズムを搭載し、これらの権限をリアルタイムに共有します。

すべてのライセンス

Automation Anywhere Control Room 管理者は、複数の Control Room インスタンスに対して、1 つの Control Room からユーザー ライセンス資格を表示、共有、管理することができます。[管理] > [ライセンス] の順に選択すると、製品ライセンスの概要が表示され、続いて [ライセンス サマリ] テーブルが表示されます。
注:

このタスクを実行するには、Control Room 管理者であり、必要な権限と許可を持っている必要があります。

License Cloud サービス

ライセンス設定を編集または更新する場合、License Cloud サービス経由で [ライセンス設定の編集] をクリックし、[編集] ページで必要な情報を入力します。

ライセンス サマリー

[ライセンス サマリー] テーブルには、アクティブな Control Room にデプロイされているライセンスまたはデプロイ可能なライセンスのステータスがすべて表示されます。表示される詳細は、ログインしている現在の Control Room の視点から収集された情報です。このように、ネットワーク上の複数のデプロイからライセンス情報にリアルタイムにアクセスすることで、必要に応じて、求められる RPA リソースを割り当てるためのシームレスな統合を実現します。

サーバーからのライセンスの更新

ユーザー ライセンスを追加するには、[サーバーからライセンスをインストール] または [ファイルからライセンスをインストール] からライセンスにアクセスする方法を選択し、クリックします。

フィードバックを送る