Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

コマンド ラインからデモ JAR ファイルをコンパイル

  • 更新済み: 2020/04/03
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

コマンド ラインからデモ JAR ファイルをコンパイル

このソフトウェア開発キットで提供されているデモ Java コードをコンパイルします。

前提条件

このタスクを開始する前に、関連するワークフローとビルド ファイルの更新 の手順を完了します。

手順

  1. ターミナル ウィンドウを開き、[gradlew.bat] ファイルの場所に移動します。
    [...\A2019DemoPackage] > [gradlew.bat]
  2. ターミナル ウィンドウで、gradlew.bat clean build shadowJar と入力し、Enter を押します。以下の例のように表示されます。
    > . . .\A2019DemoPackage>gradlew.bat clean build shadowJar
    
    > Task :compileJava
    Note: Starting hierarchy discovery for 'com.automationanywhere.botcommand.demo.Concatenate'
    Note: Starting non-hierarchical element discovery for 'com.automationanywhere.botcommand.demo.Concatenate'
    Note: Starting hierarchy discovery for 'com.automationanywhere.botcommand.demo.Uppercase'
    Note: Starting non-hierarchical element discovery for 'com.automationanywhere.botcommand.demo.Uppercase'
    Note: Starting Command Java generator...
    Note: Starting Json generator...
    Note: Generating command json for Concatenate
    Note: Generating command json for Uppercase
    
    > Task :commandCodeGen
    mergeJsonFiles: updatePackage: group com.automationanywhere , artifactName A2019DemoPackageFirstnameLastname , 
    packageVersion 1.0.0-20190816-101906

    コンパイルされたファイルは以下にあります。file:\ \A2019DemoPackage\build\libs\.

次のステップ

カスタム パッケージを Control Room に追加するには、Control Room に パッケージ を追加 の手順を実行します。
フィードバックを送る