Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[Google スプレッドシート] パッケージ

  • 更新済み: 2022/03/30

    [Google スプレッドシート] パッケージ

    [Google スプレッドシート] package には、セル、列、行、シートに関連するタスクを自動化できる actions が含まれています。

    開始前

    [Google スプレッドシート] packageactions を、以下の順番で使用します。
    1. [接続] action を使用して、Google サーバーとの接続を確立します。

      Google パッケージの接続アクションの使用」を参照してください。

    2. タスクを自動化するには、この package で使用可能な actions の組み合わせを使用します。
      注: 他の Google packages からの actions を使用するには、その package の [接続] action を使用して接続を確立します。
    3. 接続を終了するには、[接続解除] action を使用します。

    [Google スプレッドシート] packageActions

    [Google スプレッドシート] packageactions を使用すると、以下の操作を実行できます。

    Action 説明
    シートの有効化 開いているスプレッドシート内の特定のシートをアクティブ化します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • シートをアクティブ化する方法 (インデックスまたは名前) を指定します。
      注: シートのインデックス カウントは 1 から始まります。
    列を自動調整 データを含む列のサイズを、データに合わせて変更します。[スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    行を自動調整 データを含む行のサイズを、データに合わせて変更します。[スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    閉じる 現在のスプレッドシートを保存して閉じます。[スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    シートを作成 開いているワークブックに新しいシートを作成します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • シートを作成する方法 (インデックスまたは名前) を指定します。
      注: シートのインデックス カウントは 1 から始まります。
    ブックを作成 Google ドライブに新しいワークブックを作成します。
    • [接続] action で使用したユーザー名を入力します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • ファイル拡張子が .xlsx、.xls、または .xlsm のワークブック名を入力します。
    • 新しいワークブックのファイル パスを入力するか、ファイル変数を選択します。
    セルを削除 ワークシート内のセルを削除します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • [アクティブなセル] または [特定のセル] のいずれかのオプションを選択します。[特定のセル] を選択した場合は、セルのアドレスを入力します。
    • 次の削除オプションから選択します。
      • セルを左に移動
      • セルを上に移動
      • 行全体
      • 列全体
    セル範囲を削除 セルの範囲を削除します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • アドレスの範囲を入力します。例: A1:B4
    • 残りのアクティブなセルを移動させる方向を [] または [] から選択します。
    行/列を削除 ワークシートの行または列を削除します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • 行と列のどちらの操作を行うかを選択します。
    • シートを削除する方法 (インデックスまたは名前) を指定します。
    • インデックス、アクティブなセル、または範囲のいずれの方法で削除するかを指定します。
      • インデックスを選択した場合は、行/列のインデックスを入力します。
        注: インデックス カウントは 1 から始まります。
      • 範囲を選択した場合は、削除する行/列の範囲を指定します。たとえば、最初の 10 行を削除するには、「1:10」と入力します。
    シートを削除 ワークブックからシートを削除します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • シートを削除する方法 (インデックスまたは名前) を指定します。
    検索キーを含むセルを検索
    複数のセルを取得 Google スプレッドシートのセルから値を取得して、テーブル変数に格納します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • 特定範囲のセルから値を取得するには [複数のセル] オプション、すべてのセルから値を取得するには [すべてのセル] オプションを選択します。
    • 出力を保持するテーブル変数を選択または作成します。
    1 つのセルを取得 Google スプレッドシートの特定のセルから値を取得し、文字列変数に保存します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • [アクティブなセル] または [特定のセル] のいずれかのオプションを選択します。[特定のセル] を選択した場合は、セルのアドレスを入力します。
    • 出力を保持する文字列変数を選択または作成します。
    セルに移動 指定したセルに移動します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • [特定のセル] または [アクティブなセル] のいずれかのオプションを選択します。
      • [特定のセル] オプションを選択した場合は、セルのアドレスを入力します。例: B4
      • [アクティブなセル] オプションを選択した場合は、アクティブなセルから移動する方向を選択します。
    行/列を挿入 スプレッドシートに空白の行または列を挿入します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • 行と列のどちらを挿入するかを選択します。
      • [] を選択した場合は、行を特定のインデックスに挿入するか、アクティブなセルの上に挿入するか、範囲内に挿入するかを選択します。
        注: インデックス カウントは 1 から始まります。
      • [] を選択した場合は、列を特定のアドレスに挿入するか、アクティブなセルの左側に挿入するか、範囲内に挿入するかを選択します。
    スプレッドシートを開く 既存のスプレッドシートを開きます。
    • セッション名を入力します。このセッション名を以降の actions で使用して、このスプレッドシートに関連付けます。
    • スプレッドシートを開く方法 (名前、URL、またはスプレッドシート ID) を選択します。
      • 名前: ファイル名を入力します。
      • URL: 完全な URL を入力します。
      • スプレッドシート ID: ID は、URL の最後のスラッシュの後の値です。たとえば、URL が https://docs.google.com/spreadsheets/d/12dlAwvrEA4JeLysfFky9 の場合、ID は 12dlAwvrEA4JeLysfFky9 です。
    • スプレッドシートに複数のシートが含まれている場合は、[特定のシート名] オプションを選択してシート名を入力します。
    列を読み取る 列からデータを取得して、リスト変数に格納します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • [セル名] フィールドに値を読み取るセルの場所を指定します。たとえば、1 列目の 5 行目以降にあるすべての値を取得するには、「A5」と入力します。
    • また、[列全体を読み取り] オプションを選択すると、列全体から値を抽出することができます。
    • 出力を保持するリスト変数を選択または作成します。
    行を読み取る 行からデータを取得して、リスト変数に格納します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • [セル名] フィールドに値を読み取るセルの場所を指定します。 たとえば、5 行目かつ 4 列目の右側にある値を取得するには、「D5」と入力します。
    • また、[行全体を読み取り] オプションを選択すると、行全体から値を抽出することができます。
    • 出力を保持するリスト変数を選択または作成します。
    セルを設定 特定のセルの値を設定します。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • セルのアドレスを入力します。例: A5
    • 設定する値を入力します。
    • セルの値を保持する文字列変数を選択または作成します。
    データ テーブルから書き込み データ テーブル変数の内容を特定のスプレッドシートに書き込みます。
    • [スプレッドシートを開く] action で、現在のスプレッドシートを開く際に使用したセッション名を入力します。
    • 現在アクティブなシートに書き込むか、シート名を指定するかを選択します。
    • データ テーブル変数を選択します。
    • データの書き込みを開始するセルのアドレスを入力します。
    フィードバックを送る