Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

列/行の操作

  • 更新済み: 2020/05/06
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace

列/行の操作

[Office 365 Excel] パッケージには、自動調整、削除、挿入、読み取りなど、列と行の操作に関連するタスクを自動化するために使用できるアクションが含まれています。

[Office 365 Excel] パッケージには、以下のアクションが含まれています。

アクション 説明
列を自動調整 指定したセッションのワークシートの列の幅を調整します。[開く] アクション でブックを開く際に使用したセッション名を入力します。 を使用します。
行を自動調整 指定したセッションのワークシートの行の高さを調整します。[開く] アクション でブックを開く際に使用したセッション名を入力します。 を使用します。
行/列を削除 行または列の [削除] アクションの使用」を参照してください。
行数を取得 ワークシート内でデータを含む行の数を取得します。
  • [開く] アクション でブックを開く際に使用したセッション名を入力します。
  • 出力値を数値変数に代入します。変数を文字列変数に変換するには、「[数値] > [変換]」アクションを参照してください。
行/列を挿入 行または列の [挿入] アクションの使用」を参照してください。
列を読み取る 列からデータを抽出して、リスト変数に代入します。
  • [開く] アクション でブックを開く際に使用したセッション名を入力します。
  • [アクティブ セルから] または [特定のセルから] オプションを選択して、開始ポイントを指定します。
  • また、列全体からデータを抽出するには、[列全体を読み取る] オプションを選択できます。
  • 出力値をリスト変数に代入します。
行を読み取る 行からデータを抽出し、レコード変数に代入します。
  • [開く] アクション でブックを開く際に使用したセッション名を入力します。
  • [アクティブ セルから] または [特定のセルから] オプションを選択して、開始ポイントを指定します。
  • [行全体を読み取り] オプションを選択すると、行全体からデータを抽出することもできます。
  • 出力値をレコード変数に代入します。
フィードバックを送る