Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Linux での Control Room のサイレント インストールの実行

  • 更新済み: 2020/07/20
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

Linux での Control Room のサイレント インストールの実行

無人インストールとも呼ばれる Control Room のサイレント インストールでは、ビジネス要件に固有のパラメーターを含むカスタム スクリプトを使用します。すべてのインストール プロセスがバックグラウンドで実行され、ユーザーによる操作が不要で、メッセージも表示されません。

前提条件

  • Automation 360 オンプレミス の前提条件 が完了していることを確認します。
  • 次の条件と情報が揃っていること確認します。
    • Automation Anywhere Control Room インストール ファイル
    • SSL 証明書
    • ライセンス ファイル
  • Yum 更新を使用して Linux カーネル ファイルおよび OS ライブラリを更新するために、インストール サーバーがインターネットにアクセスできることを確認します。インストール サーバーで /etc/yum.conf を構成して、ネットワークに対してローカルのリポジトリを使用することもできます。インストールを開始する前に、リポジトリを最新の状態にする必要があります。
Linux のサイレント インストールを実行するスクリプトが 2 つあります。
  • LinuxInstaller.sh: このスクリプトには、インストール時に適用するインストール パラメーターが含まれています。