Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

資格情報許可パスワードの注釈の設定と使用

  • 更新済み: 2021/05/21
    • Automation 360 v.x
    • 調査
    • RPA Workspace

資格情報許可パスワードの注釈の設定と使用

提供されている CredentialTypeDemo.java パッケージ SDK ファイルを使用して、Automation 360 locker アクションのパスワードフィールドに CredentialAllowPassword の注釈を設定します。

例: CredentialTypeDemo.java を確認

次の場所にある CredentialTypeDemo.java ファイルを使用します。<latest package-sdk>2.0.9\src\main\java\com\automationanywhere\botcommand\samples\commands\basic\types を資格情報属性の設定方法の例として使用します。

@BotCommand
@CommandPkg(label = "[[CredentialTypeDemo.label]]", 
description = "[[CredentialTypeDemo.description]]", icon = "sample.svg", name = "credentialTypeDemo")
public class CredentialTypeDemo {

	private static Logger logger = LogManager.getLogger(CredentialTypeDemo.class);

	/**
	 * To accept credentials the {@link AttributeType} in index should be
	 * {@link AttributeType.CREDENTIAL CREDENTIAL}. A {@link SecureString} is
	 * provided for any credentials type.
	 */
	@Execute
	public void printCredentials(@Idx(index = "1", type = AttributeType.CREDENTIAL)
	@Pkg(label = "[[CredentialTypeDemo.credentials.label]]")
	SecureString credentials) {
		// SecureString provides multiple way to access the data inside.
		// Let's try to get the user name and print it in logs.

		// To get the username as String
		String userName = credentials.getInsecureString();
		logger.trace("User name from getInsecureString : {}", userName);
例: 資格情報属性 @Execute を設定

インデックスタイプラベル説明 (オプション)、および credentialAllowPasswordAttribute を設定します。新しいパッケージを作成する場合や既存のパッケージを更新する場合は、CredentialAllowPassword の注釈を使用して、資格情報の選択者がパスワードフィールドとしてマークされた資格情報属性を選択できるようになります。

@Execute
	public void printCredentials(@Idx(index = "2", type = AttributeType.CREDENTIAL)
	@Pkg(label = "[[CredentialTypeDemo.credentialsAllowPasswordAttribute.label]]")
	@CredentialAllowPassword SecureString credentialAllowPasswordAttribute) {
Control Roomで属性を設定

[属性名] フィールドにパスワードとオプションの説明を入力し、[入力] フィールドで [標準] を選択してを入力します。[セキュリティ] フィールドで、[パスワードまたはマスク済みフィールドにのみ属性を使用] を選択します。

Control Roomの資格情報属性を使用
  • [資格情報を選択] フィールドで、[資格情報] を選択します。[属性] フィールドで、[ユーザー名] を選択します。[ユーザーの資格情報を指定してください (任意)] フィールドで、[資格情報]、[選択] の順に選択します。
  • [属性] フィールドで、[パスワード] を選択します。[パスワードの資格情報を指定してください (任意)] フィールドで、[資格情報]、[選択] の順に選択します。
フィードバックを送る