Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

カスタム モードを使用した Control Room のインストール

  • 更新済み: 2021/06/23
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • RPA Workspace

カスタム モードを使用した Control Room のインストール

管理者としてサーバーにログインし、Automation Anywhere Control Room をカスタム モードでインストールして、デフォルトでない要件のインストールを含むインストールと設定オプションを選択します。データセンターのデプロイにはこのモードを選択します。

Linux users:Linux への Control Room のインストール」を参照してください。

手順

  1. インストールの準備
    • Automation 360 On-Premisesの前提条件 を検証します。
    • 次のものがあることを確認します。
      • Automation Anywhere Control Room インストール ファイル
      • TLS 証明書
      • ライセンス ファイル
  2. Control Room インストーラーを実行する

    インストーラーを実行してオペレーティング システムおよびハードウェア要件を確認し、デプロイ オプションを選択してライセンス契約に同意し、インストール ファイル パスを選択します。

  3. 外部キー Vault 統合の設定
    [外部キー ボルト統合] ページを使用して、CyberArk や AWS Secrets Manager などの外部キー ボルトへの接続を設定します。これらのキー ボルトは、インストールまたはランタイムの目的で資格情報を取得するためにオプションで使用されます。キー ボルトの接続を設定すると、インストール時に資格情報の取得オプションが有効になります。次の情報を持っていることを確認します。
    • 必要なすべてのデータベースおよびユーザーの資格情報。
    • 秘密キーやアプリケーション ID など、外部キー ボルトに必要な資格情報の要件。[外部キー ボルト統合の設定] ページで、外部キー ボルトの固有の要件を確認してください。
  4. アプリケーションのトランスポート レイヤー セキュリティの設定

    [トランスポート レイヤー セキュリティ (TLS) の設定] ページを使用して、自己署名証明書を生成するか、セキュリティ証明書をインポートして、安全性の高い Control Room インスタンスを設定します。

  5. サービス資格情報の設定

    [サービス資格情報] ページを使用して、インストーラーで作成されたすべての Windows サービスを実行するためのアカウントを指定します。

  6. データベース タイプおよびサーバーの設定

    [データベース タイプ] ページを使用し、Control Room を使用して Microsoft SQL Server データベースを設定します。

  7. Elasticsearch の資格情報を追加

    Elasticsearch の資格情報を追加して、Control Room の監視とアラートを強化します。

  8. IP クラスターの設定

    [クラスター構成] ページを使用して、復元性の要件を設定します。Control Room を 1 つのノードに設定するには、IP アドレスを 1 つだけ指定します。Control Room を高可用性クラスター用に設定するには、複数 (3 つ以上) の IP アドレスを指定します。

  9. インストールの概要の確認

    [プログラムのインストール準備完了] ページを使用して、インストール ウィザードを完了し、インストールの進行状況を監視します。

  10. Control Room 設定と検証を完了します。
    Control Room インストール後の設定の完了
    インストール後のタスクを完了した後、Control Room にログインしてセットアップを検証します。Control Room に最初にアクセスする際は、認証のために設定をガイドします。
    インストール後のユーザー管理
    インストール後のタスクを完了した後、Control Room にログインしてセットアップを検証します。Control Room に最初にアクセスする際は、認証のために設定をガイドします。
  11. ユーザーの準備

    管理者権限を持つ Cloud ユーザーの場合、ユーザーを作成、表示、編集、削除、有効化または無効化することができます。ユーザー作成ステップは、ユーザーが非 Active Directory ユーザー、Active Directory ユーザー、または IdP サーバーからのシングル サインオン (SSO) ユーザーのいずれであるかによって異なります。

フィードバックを送る